拝見! 隣のコンサル
(画像=PIXTA)

「相談に来てくださる方には、お金の使い道には色々な選択肢があることをご理解いただき、明るく前向きに次の一歩を踏み出していけるようアドバイスすることを心がけています」

自身のFP活動についてこう語るのは、今回紹介する、株式会社FPフローリストの足立美佳さんだ。

足立さんは、大学卒業後、大手不動産賃貸会社に就職。主に、不動産オーナーへの受託営業を担当し、10年間で約1000件の依頼をこなした。その仕事を通じて資産家のお客さまと接する中で、「お客さまからの様々な質問に応えるためには、より不動産に関する専門的な知識を増やす必要がある」と考え、FP資格を取得。ただ、そのときはまだ、FPとしての独立は考えていなかったという。

その後、出産を機に家計を見直そうと資産運用を開始した足立さんは、そこでお金の使い方によって生活が変わることを実感したという。足立さんはこの経験から、「お金に関するアドバイスを通して、多くの方の人生の選択肢を広げたい」と思い立ち、FPに転職することを決意した。そして、相談業務のスキルを身につけるべく、2018年1月、地元横浜のFP事務所、株式会社FPフローリストが開講する「FP養成講座」を受講し、卒業とともに同社の専属FPとして活動をスタートさせた。

拝見! 隣のコンサル
(画像=ファイナンシャルアドバイザー)

30~40歳代の女性がライフステージの変化を機に来店