スマートフォン,ビジネスマン
(画像=PIXTA)

ツイッター、フェイスブック、インスタグラム、社長個人のブログなど、SNSにアップされた情報を見て、どのようなトークを展開すればよいのかを解説していく。

④【社長の趣味】
趣味仲間になって距離を縮め人的ネットワークの構築を図ろう

ゴルフや釣り、登山といった個人的な趣味について、SNSにアップしている社長も多い。社長の趣味が分かったら、担当者はそれに興味を持つことが重要だ。

「ゴルフのどんなところがお好きなのですか?」「ご趣味の登山は何かビジネスに通じるところがあるのですか?」などと声をかけてみよう。趣味の話で盛り上がれるようになれば、社長の懐(ふところ)に飛び込めた証拠である。

社長は自身の趣味を、ストレスの解消や健康の維持・管理のためというだけでなく、新しいアイデアを発想したり、異業種との交流や人的ネットワークを構築したりする重要な機会と捉えていることが少なくない。