トップセールスマンの思考
(画像=Tawan Jz/Shutterstock.com)

引継ぎのお客様のところへ初めて訪問することになった!どんな準備をすればよいのかわからない…

バンクビジネス
(画像=バンクビジネス)

金融機関に転勤や異動はつきもの。皆さんもこの春から担当のお客様が変わったり、新たなお客様を担当したりしているかもしれませんね。そのようなときには、早く新しいお客様と向き合えるよう、準備と段取りを整えることが大切です。

担当者が変わることは、お客様にとっても不安なことです。特にそれまで、前任の担当者と気が合い、うまく話ができていたとしたら、「新しい担当者は自分のことをちゃんと理解してくれるか」「馬が合うか」などとより心配に思うこともあるかもしれません。

訪問する前に一番重要なのは、「新しく担当するお客様のことをよく知る」ということです。そのような情報を収集する際には、まず自行庫のデータを見たり、前任者から話を聞いたりしておきます。上司ともよく話をして、アドバイスを得ておくことができればよりよいでしょう。

まず初めに、お客様の取引状況を確認しましょう。以下のようなデータをよくチェックすることが重要です。

・現在持っている商品
・残高や損益の状況
・これまでの取引経歴
・商品の購入・売却履歴
・売却したときの損益

あわせて、前任者に「どのような経緯で売買を行っていたか」を聞いてみるとよいでしょう。

高齢のお客様なら情報を家族に共有する必要も