金融
(画像=ITTIGallery/Shutterstock.com)

多くの人は日々忙しく働く中で、自分にとって重要な知識についてさえ、その必要性が目の前に迫るまで知ろうともしない傾向があります。

定年退職が近づいたサラリーマンが、いつから年金をもらえるのかについて認識していないケースも決して珍しくありません。そうした人がたまたま店頭に来たときを捉えて情報を提供すれば、「教えてくれてありがとう」と言ってもらえる可能性は高いと思われます。そこから、お客様との新たな関係が開けることがあるでしょう。

そこで、50歳代と思われるお客様が来店したときを捉えて、「お客様、そろそろ老後の準備を始められていますか?」などと声をかけ、「いつから年金をお受け取りになられるか、ご存じですか?」などと聞いてみるのはどうでしょうか。案外知らないことが多く、こちらからの説明に興味を持つ可能性は高いでしょう。

受給開始年齢の仕組みを紹介する