NG
(画像=PIXTA)

ここまでで、社長に快く話してもらうための話題の投げかけや展開話法をみてきたが、その途中の対応次第では社長に後味悪い印象を残してしまう。せっかくの面談の価値を下げないように、NG対応も押さえておこう。

お客様と雑談を交わす際に大切なのは、自分の話を聞いてもらうよりも、相手の話を聞くことだ。社長が話したがるような関心の高い話題を投げかけることがまず大切であるが、その後にも注意できると、雑談を良い印象で終えられるだろう。

相手を尊重し共感を示そう