モトリーフール米国本社、2020年3月3日投稿記事より

アマゾン(NASDAQ:AMZN)は即日配達の範囲を徐々に拡大しています。

これをさらに推進するために、アマゾンは人口の多い都市付近に新しく小さな倉庫を建設しています。

ネトショッピング
(画像=Getty Images)

アマゾンの計画

アマゾンはどの商品がどのエリアで最も注文されているかのデータを蓄積しています。

プライムの配達を早めるチームを率いるジョン・アレキサンダーは、ブログ記事で新しい倉庫について説明しました。

「私たちは、顧客から近い場所に建設した倉庫に、当日必要な商品を保管することで即日配達を可能にしています。これらは他に類を見ない建物であり、注文から配達までの素早くするためのミニフルフィルメントセンターとして機能しています。」

アマゾンには、即日配達可能な商品が約300万あります。

アマゾンの競合

アマゾンはウェブベースの他の競合に対して大きな優位性を持っていますが、実店舗の競合相手であるターゲット(NYSE:TGT)やウォルマート(NYSE:WMT)に関してはそうでもありません。

どちらも、実店舗の巨大なネットワークを活用し、即日配達やネット注文した商品を店舗で受け取ることができます。

アマゾンはこのような店舗ネットワークを持っていないため、別のアプローチを取る必要があります。

新しく建設している倉庫は、大規模な配送センターを補完するものであり、ターゲットやウォルマートの対抗策となっています。(提供: The Motley Fool Japan


免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。アマゾンの子会社ホールフーズ・マーケットのCEOであるJohn Mackeyは、モトリーフール米国本社の取締役会メンバーです。元記事の筆者Daniel B. Klineは、記事で言及されいている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、アマゾン株を保有し、推奨しています。