執筆者:株式会社ZUU
※記事内の情報は更新時点のものです。最新情報は別途HP等でご確認ください。

お花見,デート,桜
(画像=sol.zero/Shutterstock.com)

もうすぐやってくる桜の季節……桜といえばお花見ですよね。そこで今回は、都内のお花見スポットを厳選してご紹介します。青空のもと昼間に訪れたいスポットと夜のライトアップが美しいスポットに分けて紹介するので、一緒に訪れたい相手をイメージしてチェックしてみてくださいね。

まずは春の日を浴びながら桜を楽しみたい、昼間の花見に最適なスポットをご紹介します。

1 約65種類の桜を満喫できる「新宿御苑」

お花見,デート,桜
(画像=PIXTA)

例年2月中旬から4月下旬にかけて約1,000本の桜が咲き誇る新宿御苑。ソメイヨシノのほか、カンザクラ、ヤマザクラ、カンザンなど、約65種類の桜を楽しめます。3月、4月における例年の人出は約110万人。特に休日は賑わうので、早めの時間から場所を確保するのがいいかもしれません。

新宿御苑
住所:東京都新宿区内藤町11
入園料:一般税込500円(詳細は公式サイトをご確認ください)
交通アクセス:東京メトロ新宿御苑駅、新宿三丁目駅、JR総武線千駄ヶ谷駅徒歩5分
*春の特別開園(3月25日〜4月24日)
開園時間(受付):9:00~17:30(閉園は18:00)
休園日:期間中無休

2 美術館や博物館巡りも併せて満喫できる「上野恩賜公園」

お花見,デート,桜
(画像=PIXTA)

ソメイヨシノをはじめとする約50種類の桜が咲き乱れる上野恩賜公園。毎年開催される「うえの桜まつり」期間中は園内に灯る800個のぼんぼりで照らされた夜桜を楽しむこともできますよ。

上野動物園、上野の森美術館、東京国立博物館、国立科学博物館、国立西洋美術館、東京都美術館などが公園内にあるので、見どころをたくさん回るなら、午前中集合のデートも楽しそうですね!

上野恩賜公園
住所:東京都台東区上野公園・池之端三丁目
開園時間:5:00〜23:00(時間外は立入禁止)
交通アクセス:JR・東京メトロ上野駅、京成本線京成上野駅すぐ

3 毎週末開催のイベントと花見をセットで楽しみたい「代々木公園」

お花見,デート,桜
(画像=PIXTA)

東京の真ん中にありながら緑あふれる代々木公園では、約700本の桜が咲きこぼれます。噴水近くのベンチに座るのはもちろん、ピクニックエリアでシートを広げるのも◎。

開放感たっぷりの公園では毎週末、日本各地や世界の食をテーマにしたイベントなどが開催されているので、イベントに足を運びつつお花見を楽しむのも一興です。

代々木公園
住所:東京都渋谷区代々木神園町・神南2丁目
交通アクセス:JR山手線原宿駅・東京メトロ代々木公園駅徒歩3分

4 奉納夜桜能など神社ならではのイベントも楽しめる「靖国神社」

お花見,デート,桜
(画像=PIXTA)

ソメイヨシノなど約500本の桜が咲きそろう靖国神社。実は気象庁が指定する東京の桜の「標本木」(開花日などを観測するための木)があるのもこちらです。神社と桜という日本らしい組み合わせを楽しむことができます。

例年50万人の人出がある「千代田のさくらまつり」のほか、都内最古とされる能楽堂での「奉納夜桜能」も開催されます。お花見とセットで日本の伝統や文化も知りたいという人は、ぜひ足を運んでみては?

靖国神社
住所:東京都千代田区九段北3-1-1
開門時間:6:00~18:00(3月~10月)
交通アクセス:東京メトロ九段下駅徒歩5分

続いて、夜のライトアップを楽しめるお花見スポットをご紹介します。

5 川沿いに約800本の桜が咲き誇る「目黒川」

お花見,デート,桜
(画像=PIXTA)

川沿いの桜並木は、都内屈指の花見スポットとして知られます。目黒区大橋から下目黒まで約4キロメートルにわたって桜並木が続き、この時期は大勢の花見客で賑わいます。露天も多く並ぶので、ライトアップされた桜を眺めながらの食べ歩きも楽しみたいですね。

桜の本数は約800本。満開時期には川が桜の花びらでピンク一色に染まり、目黒川から桜川に変身します。

目黒川 桜並木(上流・下流)
住所:東京都目黒区大橋~太鼓橋
交通アクセス:JR山手線目黒駅徒歩10分、東急目黒線不動前駅徒歩5分、東急東横線・東京メトロ中目黒駅徒歩2分、東急田園都市線池尻大橋駅徒歩2分
ライトアップ:詳細未定

6 開運にももってこい?の「千鳥ヶ淵緑道」

お花見,デート,桜
(画像=PIXTA)

パワースポットともいわれる皇居のお濠・千鳥ヶ淵なら、お花見を楽しみながらの開運も夢ではないかも?明るいうちの散策はもちろん、ライトアップしてからの美しい夜桜は夜間営業するボートから堪能したいものです。

石垣と約260本の桜がおりなす景観は格別です。ライトアップは、2020年3月下旬から4月上旬にかけての約10日間を予定。

千鳥ヶ淵緑道
住所:東京都千代田区九段南2丁目~三番町2先
交通アクセス:東京メトロ九段下駅徒歩5分
ライトアップ:18:00頃〜22:00(予定)

7 駅直結で気軽に花見ができる「六本木ヒルズ 毛利庭園・六本木さくら坂」

お花見,デート,桜
(画像=PIXTA)

都心にあるこちらの花見スポットは、街中にあって比較的コンパクト。大混雑とはならないので、仕事帰りにふらっと立ち寄りたいときにもぴったり。桜の木は少なめですが、どちらも開花時期に合わせてライトアップされます。

特に、風情あふれる庭園の桜は非日常を味わうことができそう。六本木界隈で食事を楽しんだ帰りに、六本木さくら坂を通るのもよさそうですね!

六本木ヒルズ 毛利庭園・六本木さくら坂
住所:東京都港区六本木6-10-1
交通アクセス:東京メトロ六本木駅直結
ライトアップ:詳細未定(2019年は毛利庭園 17:30~23:00、六本木さくら坂 17:30~22:30)

開花期間中にいろんなスポットを訪れて、心を美しい桜色に染めたい

平日の仕事帰りにふらっと立ち寄るならライトアップが美しいスポット、休日にのんびりデートで訪れるなら広々とした公園、というようにシーンに合わせていろいろな桜を満喫してみては?開花期間が短いからこそ「今しか見られない桜」を思う存分楽しんでくださいね。(提供:20代、最高の自己投資メディア UpU

【あなたにオススメ UpU】
【20代で年収1,000万円稼ぐ人インタビュー】人事編
「貯蓄をしたいのなら銀行口座を複数持て」その理由と目的は?
はじめてのデビットカードは4つのポイントでチェック
ローンは怖いと思っている人へ 失敗しないカードローンの選び方
お手軽投資 20代で始める「投信つみたて」