比較
(画像=Getty Images)

業界が注目するグループ。出資の先に何を狙うのか

地方銀行の経営悪化が止まらない。マイナス金利の環境下、融資の利ザヤが取れないうえ、有価証券運用も難しい。2019年10~12月期決算の純利益では上場地銀の約6割に当たる46行が減益、または赤字となった。

この窮境と合わせて注目されるのが、インターネット証券大手・SBIホールディングス(HD)の動きだ。19年9月の島根銀行をはじめ、2月末時点で4行への出資を発表(図表1)。いずれも業況が芳しくない地銀で、10行以上に増やす方針だという。

近代セールス4月号
(画像=近代セールス)