モトリーフール米国本社、2020年3月17日投稿記事より

新型コロナウイルスが世界経済に打撃を与え続けていることから、アマゾン(NASDAQ:AMZN)は、グローバルネットワークパートナーと共に世界中のコミュニティを支援することを目指していると発表しました。

様々な都市や国が外出を控えるように促していることから、アマゾンの需要は大幅に増加しています。

PC,オンライン
(画像=Getty Images)

アマゾンは「このストレスの多い時期にアマゾンのサービスに頼ってくれている人、外出を控える人の需要の急増に対応するために、米国内のフルフィルメントセンターやデリバリーネットワークにおいて、新しく10万人を雇用する」と述べています。

なお、フルフィルメントとは受注から配送までの業務のプロセス全体のことを指します。

アマゾンは、業績に大打撃を受けているホスピタリティ、レストラン、旅行業界の人々の雇用を歓迎すると述べています。

また、新規従業員を10万人増やすことに加え、2020年4月中は、時給を2ドル増の17ドルにします。

英国では時給を2ポンド、EUでは2ユーロが引き上げられます。

米国、英国、ヨーロッパ全体で時給を増加させることによって、アマゾンは約3億5000万ドルの投資を行うことになります。(提供: The Motley Fool Japan


免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。アマゾンの子会社ホールフーズ・マーケットのCEOであるJohn Mackeyは、モトリーフール米国本社の取締役会メンバーです。元記事の筆者 Aditya Raghunathは、記事で言及されている株式を保有していません。モトリーフール米国本社は、アマゾン株を保有し、推奨しています。