日本銀行が四半期ごとに発表する「主要全国企業短期経済観測調査」の通称で、日本銀行が3、6、9、12月に行なう上場企業や中小企業への業況調査のことである。日銀短観は「計数調査」と「判断調査」によって構成されている。「計数調査」は売上高、雇用者数、金融機関借入金などを計数的に計るものである。一方、「判断調査」は生産、売上、在庫調査、設備投資、企業収益、雇用、企業金融、の項目に対して「良い」「さほどよくない」「悪い」の三つから選択させるものである。とくに企業の景況感を示す業況判断指数DI(Diffusion Index)は企業決算などではわからない経営者心理を的確に表すとされ、海外でも「TANKAN」として知られている。