物価下落と景気悪化が相互作用的に同時進行すること。物価の下落によって企業の売り上げが減少する。企業の売り上げ減少は、企業の業績悪化につながり、雇用が悪化する。雇用が悪化すると、個人消費が落ち込み、消費需要が減る。消費需要が減ると物価が下落する。このようなスパイラルが続いていくことになる。