物価が持続的に下落していく経済現象を指す。一般的には、デフレと呼ばれている。また、物価が持続的にに下がることは、貨幣価値が上がっていくが上がっていくことを意味する。企業にとっては、価額が下落して収益が悪化するほか、実質的な債権負担も増加して経営を圧迫することになる。