アートや音楽との触れ合いは、新しい経験を楽しむと同時に、創造性や感性を磨き、異文化や作品の背景について知ることができる絶好の機会です。

今回は国内・国外問わず、2020年に訪れる価値のある5つのイベントをご紹介しましょう。オンラインで簡単にチケットが購入できるもの、ツアーに組み込まれているものなど、選択肢も豊富です。

1 ベートーヴェン生誕250周年記念コンサート

2020年に楽しみたい「コンサート」「美術展」5選
(画像=Isogood_patrick/Shutterstock.com)

ベートーヴェン生誕250年を祝い、ドイツの名門オーケストラ、ミュンヘン交響楽団が来日。東京、大阪、福岡などの主要都市で、3月12日から23日にかけて開催されます。

その他、「第九」特別記念コンサートを筆頭に、250周年記念に因んだ様々なコンサートを全国各地で楽しむことができます。

2 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展

英国が誇る世界屈指の美術館、ロンドン・ナショナル・ギャラリーの作品を、日本にいながら鑑賞できるだけではなく、ゴッホやフェルメールの日本初公開作品を含む、全61点もの大規模なイベントです。

東京と大阪で、3月3日~6月14日にかけて開催されます。

3 マリア・カラス in コンサート

「20世紀最高の歌姫」として、死後42年が過ぎた現在も語り継がれるマリア・カラス。最新の3Dホログラム技術を駆使し、歌姫の生前と変わりない艶やかな姿と歌声をステージに蘇らせるというライブ・ホログラム・コンサートです。東京オーチャードホールで、5月16日、17日の2日間開催されます。

4 フランスの野外オペラ

パリ郊外のソー公園(Sceaux parc)やフランス北東部のジェルベヴィエ城など、名所で毎年開催される野外オペラ「OPÉRA EN PLEIN AIR」。2020年の出し物は「蝶々夫人」。夏のフランスを代表するイベントの一つです。

6月~9月と開催期間が長いため、夏の旅行のスケジュールにも合わせやすいのではないでしょうか。

5 アートバーゼル

アートを愛する人々の憧れ、アートバーゼル(Art Basel)。スイスの北西部の都市バーゼルで毎年開催される、世界最大規模のアートイベントです。

2020年の開催期日は6月18日~21日までの4日間。スイスの美しい自然を満喫しながら、世界中から集められた4,000人以上のアーティストの作品を鑑賞してみてはいかがでしょうか。

(提供:ANA Financial Journal

【おすすめ記事 ANA Financial Journal】
PayPayは高額キャッシュバックをなぜこれほど頻繁に行えるのか
ところで、滝川クリステルさんが1億5,000万円保有する「国債」ってどんな商品?
年収1000万だとつらい……高所得者の実態とは?2019年ヒット記事10選
年収3,000万円世帯に人気の車は意外にも…?
年収5,000万になればできる高額な「大人の習い事」