商流から攻める
(画像=aijiro/Shutterstock.com)

ここでは、融資先から紹介された仕入先・販売先等を訪れる前に、どのような「準備」を行えばよいか、3つの情報源および「商流図」を挙げて解説する。

3.【信用調査会社等の「外部データベース」をチェックする】基礎情報収集の一部として評点の推移や内訳を確認

新規先に訪問する前には、外部データベースで基礎情報を収集することも有益だ。帝国データバンクや東京商工リサーチが提供する企業情報サービスを利用している金融機関も多いだろうから、活用していきたい。

もっとも、開示情報は企業ごとに差がある。また企業規模が小さくなるほど開示情報は少なくなるし、その情報が古いことも十分考えられる。したがって、すべてを把握する必要はなく、面談を円滑に進めるための基礎情報収集と位置付ければよいだろう。

一般的に外部データベースでは、信用調査会社が、成長性・安定性・経営者など複数の観点から独自に評点をつけ、同業他社との比較も可能にしている。もちろん主観性はあるが、1つの参考情報として有益といえよう。

評点の過去の推移や点数の内訳を重視