コロナショック拡大
(画像=PIXTA)

厳格な除菌対応を実践しお客様と一緒に防止策を実行

3月17日現在、政府が公表した全国のクラスター発生分布は、8都道府県の8種13カ所に及ぶ(図表1)。

コロナショック拡大
(画像=近代セールス)

言うまでもないが、金融機関も絶対にこのマップに掲載されないよう、感染の拡大防止と行職員の安全確保に万全を尽くす必要がある。

お客様との接点を構築する拠点である金融機関の店舗には、不特定多数のお客様が来店する。それだけに、万が一にも店舗をクラスターとしない対応が何より求められる。

加えて、多数の取引先を訪問する営業担当者が新型コロナの媒介者とならないようにさせることも必要だ。

ここでは、国内で患者の発生が確認された1月以降、金融機関が実施した対応策は万全だったのかを改めて検証し、今後、取り組むべきことを考えてみたい。

営業現場やお客様への配慮は十分だったか!?