外国為替市場で主に使われる用語で、主要国の国際金融担当の事務方トップで構成されるインナーサークルの総称(俗称)をいう。そのメンバーは、各国の通貨政策に大きな権限を持つ担当者らであり、日本では財務省内で事務次官に準ずる位置付けにある財務官がメンバーとなっている。また、各国のメンバー達は、互いに直通回線で協議できるシステムを使って日常的に連絡を取り合い、日々の国際通貨問題に対応している。一般に財務相・中央銀行総裁会議(G20)を始めとする財政・金融国際会議が通貨マフィア達の主戦場となっている。通常、これらの会議は形式的な意味合いが強く、実際に裏舞台で協議(実務交渉)するのが彼らである。また、マーケットでは、彼らの動きを注視しており、時として、その発言が大きな影響を及ぼすことがある。ちなみに、その命名のルーツは、1985年9月のプラザ合意に遡り、各国の財務行政トップが実務交渉を行って協調介入の合意を取り付け、その際に高度な情報を駆使して密室で迅速に交渉していたことから「通貨マフィア」と呼ばれるようになったと言われる。