単独介入は、ある国(一国)の通貨当局が相場の乱高下を抑えたり、一方向への相場の暴走を抑えたりするなど、外国為替相場の行き過ぎを是正し、バランスのとれた水準に誘導することを目的に単独で行う外国為替市場への為替介入をいう。また、為替介入とは、為替相場に影響を与えることを目的に、財務省や中央銀行など通貨当局が外国為替市場で実施する通貨(外国為替)の売買取引のことをいう。日本においては、過去に円高・ドル安の是正を目的として、単独介入が何度か行われてきた。その仕組みとしては、財務大臣の権限において介入が決定され、実際は財務官が陣頭指揮をとり、また介入実施のタイミング・金額・方法等は、財務省為替市場課を通じて日銀為替担当に伝えられて実施されることになる。