手形,小切手,取扱い,手続き
(画像=Andrey_Popov/Shutterstock.com)

手形・小切手の使われ方と金融機関を介する流れをマンガで解説します。

手形,小切手,取扱い,手続き
(画像=バンクビジネス)

解説

商品・サービスの売買がある商取引において、現金の取扱いは煩わしく間違えやすいものです。持ち歩くと紛失・盗難リスクもあります。このため、現金の授受以外で資金をやり取りする決済ニーズが生じることとなり、これを満たす代表的な手段が、支払人が受取人の金融機関取引口座へ資金を入金する「振込」です。

それ以外にも、支払人が現金に代えて「支払いを約束する紙」を受取人に渡し、受取人が支払人の取引金融機関にその紙を示して(呈示して)、資金を取り立てる方法があります。この「支払を約束する紙」が手形や小切手です。

手形,小切手,取扱い,手続き
(画像=バンクビジネス)

手形・小切手は当座預金を介して支払うもの