一般に、望ましい状態への穏やかな移行過程を、飛行機の着陸にたとえていう。経済用語として使われる場合は、過熱した景気を、実体経済への悪影響が最小限に抑えられる形で、継続的に維持可能な成長水準まで穏やかに減速させることを指す。すなわち高成長から安定成長に移行する過程で、徐々に成長速度を低下させて経済を円滑に移行させる経済政策である。