アメリカ合衆国(米国)の商務省経済分析局が発表する、企業(製造業)の新規受注を表した景気関連の経済指標。これは、米国の製造業の業況を示すものであり、生産活動が拡大傾向にあるのか、または縮小傾向にあるのかが分かる。その調査は、年間の出荷が5億ドル以上の製造業者からの報告に基づき、新規受注だけでなく、出荷・受注残・在庫なども併せて発表される。また、新規受注の中でも、数字の振れの大きい航空機を除く非国防資本財受注は、設備投資の先行指標として注目度が高い。一般に製造業の新規受注は、一定の時間を経て、企業の生産や出荷に結びつくことから、景気の有力な先行指標とされており、その結果は、商務省によるGDP概算の資料、FRBによる経済動向の予測のほか、官民問わず幅広く利用されている。毎月上旬に米商務省から2ヶ月前の結果が発表されている。