こんなタイミングに注目
(画像=PIXTA)

お客様に「相続の準備をされませんか」と声をかけたくても、失礼にあたるのではないかと懸念を抱く担当者も多いだろう。

実は、お客様あるいは子どもには相続を意識するタイミングというものがある。

例えば、70歳や80歳という節目の年齢に達したときには、お客様も相続を意識しやすくなる。そのタイミングで担当者のほうから声をかければ、相続に関する話題でもお客様にすんなり受け入れてもらえるだろう。

以下では、被相続人となるお客様、および相続人となる子どもの双方について「相続を意識するタイミング」を挙げて、どう声かけを行えばよいかみていく。

親世代のタイミング