法人融資担当者
(画像=touchoforange/Shutterstock.com)
Q. 経営者は普段、自社の経営でとても忙しいと思います。そのような状況で、新規先・既存先に限らず「面談してほしい」とはなかなか言い出せません。スムーズに経営者との面談につなげるための工夫や、心がけはありますか。

A. 忙しい経営者との面談の機会を作ることは、成果を求められる法人担当者の大きな課題となるだろう。今回は経営者にスムーズに会うための工夫を見ていこう。

はじめに、読者の皆さんは経営者の時給を考えたことがあるだろうか。「相当高いのではないか」ということは想像がつくだろう。経営者には、その高い時間単価に見合った生産性(=成果)が求められるため、面談を〝経営者にとって〟いかに有意義で生産性の高い時間にするかが、面談の機会を作れるか否かに大きく影響する。

小さい約束を守り続けることを意識