金利または通貨等の異なるキャッシュフローを一定期間交換する取引。当事者間の合意による相対取引である。デリバティブ(金融派生商品)の一つで、相場変動を回避したり、効率的かつ効果的な調達や運用を実現したりするために利用される。具体的には、同一通貨間で金利(固定金利と変動金利を交換する形態と、種類の異なる変動金利間で交換を行う形態がある)を交換する金利スワップ、異種通貨間で金利・元本を交換する通貨スワップ、異種通貨間で金利を交換するクーポンスワップ、株価指数と金利等を交換するエクイティ・スワップ等がある。