営業推進にそのまま使える
(画像=pixfly/Shutterstock.com)

不動産取引では、不動産関連の書類をいろいろと提出してもらいますが、それぞれどんな目的で必要なのでしょうか。お 客様に書類を準備してもらう際の留意点も教えてください。

不動産の取引には数多くの書類が関わる。金融機関の担当者も、それぞれがどのような意味を持ち、いつ必要になるか把握しておきたい。

例えば不動産所有者から建替えや売却の相談を受けたときに必要書類をアドバイスできるし、不動産購入者に融資する場合でも、用意してもらう書類を的確に伝えることができる。

逆に押さえておかないと、期限切れや枚数違いのために手続きが進まず、追加でお客様を役場などに出向かせることになりかねない。   図表には、不動産取引で必要となる代表的な書類の必要な時期・目的をまとめている。この中でお客様が間違いやすく、また不動産取引で重要な書類とポイントを以下に述べていこう。

営業推進にそのまま使える
(画像=近代セールス)

印鑑証明書については発行日に注意