中小企業支援の現場から
(画像=Peshkova/Shutterstock.com)

上っ面の態度はもうやめて言うべきことを言える真の信頼関係を作るべきだ

多くの中小企業が窮境にある今、地域金融機関は支援に走っているだろう。だが、看過できない問題がある。それはコロナショックで顕在化し、筆者が相談を受ける中小企業の経営も脅かしている。

それは、融資との抱き合わせで販売される投資信託だ。経営者にしてみれば、投資信託に関心はない。融資を受けられると言われれば断れないのである。

投資信託の購入額は、数億円のケースもある。コロナショックの世界的な株価急落により、数千万円の含み損もあり得る事態だ。資金繰りが悪化し、早急に売らざるを得ない状況になると当期利益と純資産が数千万円も減る。売却しないとしても、特別損失を計上すれば資本の少ない中小企業の体力を奪いかねない。

金融機関に都合の良いバーター取引は1件や2件ではない。組織的な営業をしている金融機関がいくつもある。

掲げる経営理念は形だけなのか