投資信託の種類は豊富だ。投資対象もさまざまであり、運用スタイルもそれぞれ異なる。そのうえ、日本国内では約6,000本の投資信託が販売されている。初心者が自分に合った投資信託を選ぶのは簡単ではない。

投資信託の種類ごとに、選び方のポイントやどんな人に向いているのかを説明する。今回は、公募の株式投資信託(株式に投資できる投資信託)を中心に解説を行う。

菅野陽平
監修者・菅野陽平
日本最大級の金融webメディア「ZUU online」編集長。株式会社ZUUM-A取締役。経営者向けメディア「THE OWNER」編集長。幼少期より学習院で育ち、学習院大学卒業後、新卒で野村證券に入社。リテール営業に従事後、株式会社ZUU入社。メディアを通して「富裕層の資産管理方法」や「富裕層になるための資産形成方法」を発信している。自身も有価証券や不動産を保有する個人投資家でもある。プライベートバンカー資格(日本証券アナリスト協会 認定)、ファイナンシャルプランナー資格(日本FP協会 認定)保有。編集著書に『富裕層・経営者営業大全』(一般社団法人金融財政事情研究会、2020年7月31日発売)

目次

  1. 投資信託を始める前に
    1. 投資とは
    2. 投資による2つの収益
  2. 自身に合った投資信託の選び方は?
    1. 投資信託を選ぶためにまず考えることとは?
    2. 投資信託を選ぶときにチェックするポイント
  3. 投資信託の投資対象はさまざま
    1. 投資信託協会の「投資対象資産による区分」
    2. 国内に投資するか?国外に投資するか?
    3. 交付目論見書で投資対象をしっかり確認
  4. 運用方法による投資信託の分類
    1. インデックス型の投資信託
    2. アクティブ型の投資信託
    3. バランス型の投資信託
    4. レバレッジ型の投資信託
  5. 投資信託を選ぶ際に注意したい点
    1. 収益分配金は多ければいいのか?
    2. 純資産総額
  6. 個々人で異なる投資信託の選び方
    1. 投資の目的を明確に
    2. とれるリスクによって異なる
    3. 投資の結果は自己責任
    4. 初心者が失敗しない投資信託の選び方とは?
  7. インデックス型投資信託の選び方
    1. インデックス型を選ぶポイント
    2. インデックス型に向いているのは?
  8. アクティブ型投資信託の選び方
    1. アクティブ型を選ぶポイント
    2. アクティブ型に向いているのは?
  9. バランス型投資信託の選び方
    1. バランス型を選ぶポイント
    2. バランス型に向いているのは?
  10. レバレッジ型投資信託は上級者向け
  11. まずは少額の投資で試してみることも
    1. 関連記事

投資信託を始める前に

投資信託
(画像=PIXTA)

「投資信託」について考える前に、まずはその前提となる「投資」について理解しておこう。

投資とは

投資とは、利益を得るために「資」金を「投」じる行為を指す。お金を増やすために金融商品を購入することも投資の1つだ。

投資では、期待するリターン(利益)が常に得られるとは限らない。思ったような結果が出ず、お金が減る可能性もあるし、逆に思ったよりうまくいってお金が大きく増える可能性もある。要は「不確実」なものであると理解しておこう。

不確実というと「怖い」と思うかもしれないが、この不確実性をできる限り抑えるための投資先や投資方法もある。これについては後述する。

投資による2つの収益

金融商品の投資で得られる利益には、大きく分けて次の2種類がある。

・キャピタルゲイン

キャピタルゲインは、いわゆる「値上がり益」だ。株式や投資信託など投資商品を安く買って高く売れば、その差額が利益となる。

・インカムゲイン

インカムゲインは、その投資商品を保有していることで得られる利益のことだ。例えば、株式の配当金や投資信託の分配金、債券の利子、不動産の家賃収入などが該当する。

どちらの利益をどれくらい得たいのかによって、選ぶべき投資先は変わってくる。自分が目指すのはどんな投資なのかを考えておこう。

自身に合った投資信託の選び方は?

投資信託は種類が多く、1つの金融機関で数百本も扱われていることもある。この中から自分に合った投資信託を見つけるには、どうすれば良いのだろうか。

投資の初心者でも分かりやすいシンプルな設計の投資信託もあれば、設計が複雑でリスクが高いものもある。また、投資対象もさまざまである。まずは投資信託にどのような種類があり、それぞれの特徴を理解することが大切だ。

ここでは投資信託をインデックス型、アクティブ型、バランス型、レバレッジ型に大別し、特徴や選び方のポイントを詳しく見ていく。これらを参考に自身に合った投資信託を見つけてほしい。

投資信託を選ぶためにまず考えることとは?

先述のとおり、目指す投資スタイルによって選ぶべき投資先は変わってくる。まずは自分が目指す投資はどのようなものかを明確にするところから始めよう。

老後の備えや教育資金の準備のためなど、投資に挑戦したい理由は人それぞれだろう。近いうちに会社をセミリタイアして悠々自適に暮らしたいという人もいれば、社会や経済について学ぶための1つの手段として取り組む人もいる。

投資の目的を明確にすれば、いつまでにどれくらい増やせば良いのかという目標値が設定できる。目標値がわかれば、それに合わせて必要な元手資金や取れるリスクの大きさなども考えられる。こうしたことを順に考えていけば、自分に合う投資を選びやすくなるだろう。

投資信託を選ぶときにチェックするポイント

目指す方向性が決まったら、それを実現するための投資信託を選んでいこう。投資信託を見極めるために最低限チェックしておきたいのが次の3つだ。

1. 投資対象と運用方針

その投資信託が、どのような投資先に対してどのようなスタンスで運用されているものなのかを知ることは、自分の方向性に合っているかどうかを確認するために欠かせない。どのような種類があり、それぞれどのような人に向いているのか、詳しくは後述する。

2. 費用(コスト)

投資信託で運用する場合、買ったとき、運用中、売るとき、それぞれの段階で別々の費用がかかる。運用がうまくいったとしても、手数料が高ければその分手元に残るお金が少なくなってしまう。

特に投資信託を買ったときにかかる「販売手数料」、そして運用中にかかる「信託報酬」は2大コストと言われている。必要なコストは投資信託ごとに違うので、よく比較して選びたい。

3. 運用成績

投資信託では、過去の運用成績を確認できる。どれくらいの期間でどの程度お金を増やしてきたのかチェックしておこう。

運用が始まってから間もない投資信託の場合、過去の運用成績を見ても、たまたま市況が良かったからなのか運用の実力があったからなのか判断がつかない。運用開始から少なくとも3年、できれば5年程度経っているものを比較したい。

比較対象としては、その投資信託のベンチマーク(比較のための指数)や投資対象、運用方針が似ている別の投資信託が良いだろう。

その他、どれくらいの頻度で銘柄を売買しているのか、誰が運用しているのか、どれくらいの規模で運用しているのかなど、交付目論見書(投資信託の説明書)や直近の運用報告書を見れば、さまざまな情報を把握できる。

投資信託の投資対象はさまざま

投資信託は投資家に代わって、ファンドマネジャーが資金の運用をする金融商品だが、その投資先(投資対象)はさまざまだ。株式以外にもさまざまなものを投資対象とした投資信託が存在する。例えば、債券、不動産(不動産投資信託・REIT)に投資する投資信託もあれば、金・原油といった商品を投資対象とする投資信託もある。

投資信託協会の「投資対象資産による区分」

投資信託協会の投資信託の商品分類によれば、「投資対象資産による区分」として、主たる投資収益が何を源泉としているかにより、株式、債券、不動産投信(REIT)、その他資産、資産複合の5つに分けられている。

・株式
・債券
・不動産投信(REIT)
・その他資産
・資産複合

「株式」を投資対象とする投資信託は、株式を購入して複数の企業に投資している。そこから得られる配当金や株式の値上がり益が収益となる。株式への投資は企業が大きく成長することにより大きな収益を狙える一方、価格変動が大きいため、大きく値下がりする可能性もあるのが特徴だ。

「債券」とは、国や企業などが発行する国債や社債等のことを指す。「債券」を投資対象とする投資信託は、一般に「株式」に投資するものより価格の変動が小さい。

「不動産投信」とは、投資家から集めた資金で、オフィスビルや商業施設、マンションなど複数の不動産などを購入し、その賃貸収入や売買益を投資家に分配する商品だ。

「その他資産」は他の4つのどれにも当てはまらないものを指し、金や原油を投資対象とする投資信託などがここに分類される。「資産複合」は複数の資産を収益の源泉とするものだ。代表的なものとして、株式や債券を組み合わせて投資するバランスファンドがある。

この区分に注目することで、当該投資信託が何に投資するのかをある程度知ることができる。

国内に投資するか?国外に投資するか?

何を投資対象としているかの他、どこの国を投資対象としているかも重要となる。株式に投資する場合でも、日本の株式を対象とするのか、国外の株式を対象とするかで、値動きや運用成果は大きく変わってくる。

参考にできる分類として、投資信託協会は「投資対象地域による区分」として、以下の3つに分けている。

・国内
・国外
・国内外

この区分を見ることで当該投資信託が、どの地域対象としているのかが大まかに知ることができる。日本を投資対象としている投資信託が欲しいなら、この区分が「国内」となっているものを探せばよい。日本国外に投資する投資信託なら、「国外」となっている。

だが、区分では投資対象地域の詳細までは知ることができない。特に、「国外」とされている場合は、その範囲は非常に広い。米国のみに投資するのか、先進国を対象とするのか、新興国なのか、この区分だけでは判断できない。こうした具体的な対象地域や投資方針等は「交付目論見書」を見ることで知ることができる。

交付目論見書で投資対象をしっかり確認

投資信託ごとに用意されている交付目論見書(以下、目論見書)を確認して投資信託を比較検討することは重要だ。もちろん、目論見書には「投資対象資産による区分」や「投資対象地域による区分」も記されている。また、その投資信託が何を目的として、どこに、何に投資しているかなども詳細に記載されている。投資信託を選ぶ際、目論見書をしっかり確認して、その投資信託の主な投資対象は何かをよく把握しておくことが大切だ。

運用方法による投資信託の分類

投資先以外に運用方法によって投資信託を分類することもできる。

主にインデックス型、アクティブ型、バランス型、レバレッジ型の4種がある。それぞれの特徴を理解しよう。

インデックス型の投資信託

インデックス型の投資信託とは、決められた指数(インデックス)をベンチマーク(目標基準、指標)として、それに連動するように運用される投資信託である。このような投資信託を「インデックスファンド」と呼ぶ。市場全体に投資して平均的運用成果を得ようとするものだ。

代表的なものとして、日本の株価指数である日経平均株価(日経225)やTOPIX(東証株価指数)に連動するものや、米国のS&P500やNYダウ平均に連動するように設計されたインデックス型の投資信託がある。

このようなインデックス型の投資信託は株式に投資するものとして有名だが、株式以外の指数に連動するように設計されたものもある。金や国債などにも指数があり、それをベンチマークとして運用されるインデックスファンドがある。

インデックス型の投資信託は、市場の平均的な運用成果を目指すというシンプルな設計なので、一般的に信託報酬が低く抑えられているのが特徴だ。

アクティブ型の投資信託

アクティブ型の投資信託は、インデックス型とは異なり、指数などのベンチマークを上回る成果を目指すスタイルで運用される。一般に「アクティブファンド」と呼ばれる。アクティブファンドでは、ファンドマネジャーが積極的または戦略的に投資対象、組入比率、売買のタイミングなどの投資判断を行っている。

積極的な運用を行っているため、その分コストがかかる。一般的にアクティブファンドは、インデックスファンドよりも信託報酬が高くなっている。

バランス型の投資信託

バランス型の投資信託とは、1種類の資産だけに投資するのではなく、複数の種類の資産にバランス良く投資する投資信託である。「バランスファンド」とも呼ばれる。

例えば、国内株式だけでなく、国内債券も組み入れ、1つの投資信託として運用されるものなどがある。また、海外株式、海外債券、REITなどのさまざまな資産が組み入れられているバランス型の投資信託もある。どのような資産をどのような比率で組み入れて運用されるかは、投資信託によって大きく異なる。

1つの投資信託で複数の資産に投資できるため、簡単に分散投資ができ、リスク分散効果が期待できるという特徴がある。

レバレッジ型の投資信託

レバレッジ型の投資信託とは、レバレッジを利用し、少ない金額で資産運用して、何倍もの投資成果を狙う投資信託である。先物取引などを積極的に活用することにより、基準価額の変動が市場の数倍になるように設計されている。

例えば、レバレッジが2倍なら、日経平均株価が5%変動した場合、その2倍の10%基準価額が変動する。

一般的な投資信託よりも値動きが大きくなるため、大きなリターンが得られる一方、市場動向によっては大きな損失を被る可能性もあることに注意したい。

投資信託を選ぶ際に注意したい点

投資信託を選ぶ際には、投資対象や種類以外にも気をつけておきたい点がある。

収益分配金は多ければいいのか?

投資信託の「収益分配金」とは、株式でいうところの配当金に相当するもので、投資信託の運用によって得られた収益を決算ごとに投資家に配分するものだ。投資信託を保有する投資家には、基準価額の値上がり以外にも、収益分配金という収益の機会がある。

ただし、多くの収益分配金を出している投資信託ほど収益性がいいとは単純に判断できないので注意したい。収益分配金は投資信託の信託財産から支払われるため、支払われた分だけ純資産総額が減り、基準価額が下がる。ゆえに投資家の保有する評価金額も減少する。収益分配金が支払われること自体は投資家の資産を増加させるものではない。

また、十分な収益があっても、決算ごとの収益分配金をあえて支払わない方針の投資信託もある。収益分配金を投資家に払うよりも、運用に回したほうが、効率がよいと考えるからだ。

過去の収益分配金の金額だけで、その投資信託を評価するのは難しい。収益分配金が多いからといって安易に飛びついてしまうのは避けたい。

純資産総額

純資産総額とは、投資信託の規模を表す。純資産総額は基準価額とともに毎営業日公表されている。これを見ることで、この投資信託が現在どれほどの資産を運用しているのかが分かる。純資産総額が大きい投資信託は、多くの運用資金を集めて運用し続けていることを意味し、その投資信託の人気を知る指標の1つだ。

もちろん、資産運用の規模が大きいだけで、良い投資信託ということにはならない。だが、純資産総額が小さすぎる投資信託は、運用効率が悪く、運用会社にとって採算が合わないため、途中で繰上償還されてしまうリスクがある。

そのため、純資産総額が他の投資信託と比べて「少なすぎないか」「減少が長期的に継続していないか」などにも注意を払いたい。

個々人で異なる投資信託の選び方

運用方法ごとに投資信託を見てきた。これらの中から、個人投資家はどのように投資信託を選んでいけば良いだろうか。

投資の目的を明確に

個別の投資信託の選び方も重要だが、なぜ投資するのかという目的を明確にすることが大切だ。例えば、結婚資金、マイホーム購入資金、老後資金など、投資の目的によって、投資金額や投資期間は変わってくるものだ。これらがはっきりしておけば、適切な投資信託選びに役立つはずだ。

とれるリスクによって異なる

投資信託はリスクが低いものから高いものまで、多くの商品がある。投資信託を選ぶ際、自身がどの程度までリスクを引き受けられるかという「リスク許容度」を考えておかなければならない。

リスク許容度は個々人によって異なる。自身の収入、年齢、投資経験、性格などを総合的に考える必要がある。

投資の結果は自己責任

投資は「自己責任」が原則だ。投資は利益が出ることもあれば、損失を被ることもある。どのような結果になろうとも「自己責任」である。

書籍やインターネットの情報である投資信託が強くすすめられていたとしても、安易に飛びつくべきではない。どんな投資信託を選ぶにしても、各投資信託の特徴などをよく理解したうえで、最終的な判断は自分自身の責任で行わなければならない。

初心者が失敗しない投資信託の選び方とは?

大きな失敗をしないということは、投資を続けて利益を出していくうえで非常に重要なことだ。投資初心者が失敗を避けるのに有効な選び方を3つ紹介しよう。

1. 費用が安い投資信託を選ぶ

先述のとおり、投資信託にはさまざまな費用がかかる。販売手数料や信託報酬といった各種コストができるだけ低いものを選ぼう。どれだけお金が増えるかは実際に運用してみないとわからないが、どれだけの費用がかかるかは事前に確認して対処できる。

2. 最初はインデックス型を中心に

インデックス型は、コストが抑えやすくシンプルな商品性であることが多いため、比較的初心者向きだといえる。インデックス型でも充分な利益を狙える投資信託は存在する。

複雑なものや積極的にリスクを取って増やそうとするものはもっと慣れてきてから、もしくは投資資金の一部で試す程度に抑えるのがベターだ。

3. 毎月分配型より再投資型

投資信託の収益分配金の受け取り方には2種類ある。その名のとおり毎月受け取れる「毎月分配型」と、分配金を手元に受け取るのではなく再度投資に回す「再投資型」だ。

再投資型は、投資で増えたお金も投資に回して増やし、さらに増えたお金を投資に回して増やしていく。この繰り返しであるため、「複利」の効果でお金が増えていく。

毎月分配型は都度払い出すため複利の効果を得られず、コストもかさみやすい。お金を効率よく増やすことを考えるなら「再投資型」に軍配が上がる。

インデックス型投資信託の選び方

インデックス型の投資信託はどのような観点で選べば良いだろうか。また、どのような投資家に向いているのだろうか。

インデックス型を選ぶポイント

インデックス型投資信託のセールスポイントは、コストが抑えられていることである。そのため、投資家もコストを意識して選ぶことが肝要だ。同じ指数に連動する投資信託であれば、できるだけ信託報酬が低いものを選びたい。また、販売手数料がゼロ(ノーロード)で販売されているかどうかも注目しておきたい。

どの指数に連動しているかももちろん重要である。上述のとおりベンチマークとされる指数は、国内株式だけではない。海外株式、金、国債などの指数もあり、それに連動するようなインデックスファンドが存在する。自身のリスク許容度などを考慮してどの資産で運用するかを選びたい。

インデックス型に向いているのは?

インデックスファンドは、投資の初心者から上級者まで幅広い投資家に利用されるが、設計がシンプルで分かりやすいため初心者でも選びやすい投資信託といえる。

例えば、日経平均株価をベンチマークとした投資信託なら、基本的に基準価額の変動は日経平均株価と同じだ。各種メディアで頻繁に目にする指標であれば、初心者も分かりやすい。

また、インデックス型は、市場の平均的な運用成果を目指すので、初心者が投資信託選びで大きな失敗を避けることができるだろう。

アクティブ型投資信託の選び方

アクティブ型を選ぶポイント

アクティブファンドの運用方法はインデックス型と異なり千差万別だ。そのため、投資信託の目論見書をよく読んで理解することが必要となる。そして、自身がその投資信託に運用を任せたいと思えるかどうかがポイントとなるだろう。

アクティブ型の投資信託は、インデックス型よりも調査や分析にコストがかかるため、一般的に信託報酬が高くなる。信託報酬が高すぎないかも選ぶ際に注意したい。信託報酬が安ければ安いほどよいわけではないが、信託報酬が納得のいくものかどうかをよく吟味して選びたい。

また、長期保有を予定している場合、収益分配金の頻度や金額が多すぎない投資信託(または、無分配の投資信託)を選んだほうが、高い運用効率を期待できるだろう。

アクティブ型に向いているのは?

上級者向けとまではいえないが、アクティブ型は投資信託ごとに運用手法が異なり、比較するのは容易ではない。それぞれの目論見書をよく読む必要がある。そのため、インデックス型よりも、投資に関する知識が求められるだろう。

十分な知識のもとで、自分の期待する運用手法・戦略に合った投資信託を見つけられるのであれば、アクティブ型も選択肢にいれることができるだろう。

バランス型投資信託の選び方

バランス型を選ぶポイント

バランス型の投資信託を選ぶ際には、どの資産にどういった配分で投資されるのかに注目したい。投資信託によっては、資産配分が固定されておらず機動的に変更されていくものもある。

バランス型の投資信託は、その資産配分によって大きくリスクが変わってくる。一般に、株式への投資比率が高い投資信託ほどリスクが高くなる傾向にある。自身のリスク許容度も念頭に置いて、バランス型投資信託を選びたい。

バランス型に向いているのは?

バランス型の投資信託は、株式や債券など値動きが異なるさまざまな種類の資産に分散してリスクを低く抑えることを期待できる。1本の投資信託で複数種類の資産への分散投資が実現できるのだ。そのため、分散投資でリスクを抑えたい投資家や、複数の投資信託を保有した結果バランスが崩れリバランスが必要になってしまうといった手間を省きたい投資家に向いている。

レバレッジ型投資信託は上級者向け

レバレッジ型の投資信託はどのような投資家に向いているだろうか。

市場の何倍も基準価額が変動することもあるレバレッジ型の投資信託はリスクが高い。中には4倍を超える倍率のものもある。そのため、レバレッジ型の投資信託は初心者には向いておらず、上級者向けの投資信託といえるだろう。

また、一般的な投資信託は長期保有がすすめられるのに対して、レバレッジ型の投資信託は中長期の保有には向いておらず、短期投資に適している。したがって、相場観に基づき短期間で運用成果を出したい投資家向けだ。

まずは少額の投資で試してみることも

投資信託のメリットの1つに少額から取引できることがある。インターネット取引の場合、1,000円程度から投資信託を購入できる金融機関も少なくない。まずは、気になる投資信託を少しだけ購入してみることも1つの方法だろう。少額であったとしても実際に保有してみることで分かってくることもあるはずだ。

ここで考えた選び方のポイントやどんな投資家に向いているのかも参考して、自身に合った投資信託を見つけてほしい。


関連記事

初めての投資信託購入。知っておきたい「4つの知識」とは?
投資信託の利回りとは何か?利回りだけで投資信託を選んではいけない3つの理由
【徹底解説!】投資信託にかかる各種手数料まるわかり
【2020年版】資産運用の初心者は必読!投資デビューのための必須知識
【最新版】おすすめの資産運用を徹底解説!初心者も安心・玄人も満足
毎月のみんなの貯蓄額は?2020年こそ貯蓄体質になろう!
20代から始める資産運用ガイド2020年版 成功・失敗事例も紹介