業績は支店長の腕次第!
(画像=milatas/Shutterstock.com)

人間関係のよい職場に環境を整えることが大切

マズローの欲求五段階説がヒント

前回、支店長は、部下一人ひとりがその長所や多様な価値観を活かしながら活き活きと職務に取り組み、業績向上や部下自身の成長につなげていくようにしていかなければならないと申し上げた。

そのためにはまず、支店長自身を含め行職員(働く者)が「職場に何を求めているか」を整理し理解しておくことが重要である。

参考になるのがアブラハム・ハロルド・マズロー(米国。1908~70年)の「欲求5段階説」だ。マズローは『自己実現理論』で次のように唱えた。

「人は、衣食住が満たされ(第一段階:生理的欲求)、健康で安全・安心な暮らしができ(第二段階:安全欲求)、組織や集団に属し(第三段階:社会的欲求)、他者から認められ(第四段階:尊厳欲求・承認欲求)、自分の能力を発揮したい(第五段階:自己実現欲求)と願い、欲求は第一段階~第五段階へと次第に高度化していく」と。