社長の懐に入るひと工夫
(画像=PIXTA)

口下手で言葉がスラスラ出てこないため、言いたいことを伝えきれない」「正しい敬語を使えているのか不安がある」という悩みを抱えている担当者は多いのではないだろうか。

社長と良い関係を築くには、社長に気持ちよく話をしてもらえる「聞き上手」になることはもちろん、きちんとした言葉で話ができる「伝え上手」になることも重要である。

そこで今回は、社長への話し方について取り上げていきたい。これから挙げる方法について、1カ月ごとに目標を定めて取り組んでみてほしい。あなたの話し方に魅力が生まれるだろう。

Q.正しい言葉遣いを身につけたいがどのように勉強すればいい?

A お客様からの評判が良い上司や先輩の話し方をよく観察し真似をしてみよう

親しくなったお客様との会話で、気付かないうちに「うん、うん」と相槌を打っていることはないだろうか。距離感が近くなると、知らず知らずのうちに、なれなれしい言葉を使ってしまうことがあるので注意が必要だ。

では、正しい言葉遣いを身につけるにはどうすればよいだろうか。

先輩や上司になりきって会話をしてみる