高齢者のお悩み解消&取引深耕ノウハウ
(画像=PIXTA)
お客様のお悩み
最近、友人との会話で病気やケガの話が増えています。実際、体調が悪くなったら、お金もかかりますし、家族にも迷惑をかけてしまいます。今から備えるには、どうすればいいでしょうか?

人生100年時代といわれる昨今、理想は健康で長生きすることだが、やはり年齢を重ねれば何かしら体調に変化は出てくる。

病気やケガに対して、「長期入院で医療費がかさむ」「公的医療保険だけでは不十分なのでは…」と資金面の不安を抱く人は少なくない。

入院するとなれば、食事代・居住費の一部は自己負担となる。差額ベッド代や日用品、見舞いに来る家族の交通費などの出費もかさむ。

資金面においても自身の病気やケガに早くから備えておく重要性を、お客様にしっかりと伝えていきたい。

保障内容を見直し改めて備えてもらう