執筆者:株式会社ZUU
※記事内の情報は更新時点のものです。最新情報は別途HP等でご確認ください。

英ロンドンで設立されたブランディング会社「インターブランド社」が、「Best Global Brands 2019」を発表!これは“企業のブランドの持つ価値”をランキングにしたもので、1位は「Apple」、2位は「Google」、3位は「Amazon」という結果になりました。トップ10入りした企業やトップ100にランクインしている日本企業も紹介しながら、“これらの企業はなぜブランド価値を高めることができたのか?”を考えていきましょう。

どうやって“ブランド価値”を評価している?

世界ブランド価値
(画像=Who is Danny/Shutterstock.com)

「Best Global Brands 2019」は2000年から毎年公表されており、今回で20回目の発表となりました。ランキングは1〜100位まで発表されています。

グローバル展開している企業が評価対象で、各社の価値を決めるのは次の3つの視点です。これらの分析・評価結果を金額に換算し“ブランドの価値”をランキングで示しています。

・「財務力」
現在の売り上げや将来の売り上げ予測、経済的利益などを推計

・「ブランドの影響力」
そのブランドがどのくらい“顧客の購買意思決定に影響しているか”などを分析

・「ブランドの将来収益の確かさ」
そのブランドが持つ“将来の収益を維持する力”などを推測

「Best Global Brands 2019」の上位企業は?

トップ10を具体的に見てみましょう!納得の企業が名前を連ねているのではないでしょうか。

【Best Global Brands 2019トップ10】
1位:Apple      2,342億4,100万ドル(+9%)
2位:Google      1,677億1,300万ドル(+8%)
3位:Amazon     1,252億6,300万ドル(+24%)
4位:Microsoft       1,088億4,700万ドル(+17%)
5位:Coca-Cola       633億6,500万ドル(-4%)
6位:Samsung     610億9,800万ドル(+2%)
7位:Toyota       562億4,600万ドル(+5%)
8位:Mercedes-Benz  508億3,200万ドル(+5%)
9位:McDonald's      453億6,200万ドル(+4%)
10位:Disney      443億5,200万ドル(+11%)
(金額は評価値、%は前回調査比)

Amazonの成長が顕著

1〜5位はアメリカ企業が独占する形となっています。アメリカの巨大IT企業を示すGAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)のうち3企業がランクイン。昨年までと変わらずIT関連のブランドの強さが目立っています。

2年連続でAppleが首位となっていますが、注目すべきはAmazonのブランド価値の向上ぶりでしょう。前回調査比で24%増となっており、インターブランド社のレポートでは「絶え間ない革新を追求し続けています」という評価を受けています。

連続的に続くAmazon社の進化が顧客のさらなる獲得につながり、結果的にブランド価値を高めたといえるのではないでしょうか。

日本企業の最上位はトヨタ、7位にランクイン

日本企業の最上位は7位のトヨタでした。トヨタは「自動車メーカー」から「モビリティカンパニー」への変革に取り組み、サービスの展開にも力を入れています。レポートではトヨタの新たなサブスクリプションサービスにも触れられています。

11位以下では、ホンダが21位、日産が52位、ソニーが56位、キャノンが61位、パナソニックが81位、任天堂が89位にそれぞれランクイン。この6社の中で最もブランド価値の伸び率が高かったのが任天堂で、前回調査比で18%増でした。

任天堂についてレポートでは、「ゲームビジネスのほかテーマパークや映像コンテンツなどの領域にも挑戦している」ことに言及。多くの人に“任天堂キャラクター”に触れてもらうことでブランド価値を高めている、と説明されています。

初めてTOP100に姿を現したUberやLinkedIn

2019年のランキングで新たにトップ100に登場した企業もあります。配車サービス世界最大手のUber(87位)やビジネス向けSNSで世界大手のLinkedIn(98位)などです。

Uberは配車サービスという革新的なシェアリングエコノミー(共有経済)を世界に普及させたことで知られていますね。

Uberは最近では「自動運転」の分野にも挑んでおり、将来有望な分野で事業を手掛けていることも同社のブランド価値を高めることに一役買っているでしょう。

「挑戦」と「発信力」がブランド価値向上のカギ

ブランド価値が伸びている企業から見出せる傾向としては、すでに手にしている「成功企業」という評価に甘んじず、新たな「挑戦」を続けていることが挙げられるでしょう。ITやデバイスの革新によって、消費者が情報をより瞬時に得やすくなった現代の社会。各企業における「発信力」も、今まで以上に問われてきているといえそうですね。(提供:20代、最高の自己投資メディア UpU

【あなたにオススメ UpU】
【20代で年収1,000万円稼ぐ人インタビュー】人事編
「貯蓄をしたいのなら銀行口座を複数持て」その理由と目的は?
はじめてのデビットカードは4つのポイントでチェック
ローンは怖いと思っている人へ 失敗しないカードローンの選び方
お手軽投資 20代で始める「投信つみたて」