米国の12の地区連銀の一つ、ニューヨーク連銀が発表する、ニューヨーク州の製造業における景況感を示したもの。2002年4月から発表を開始した比較的歴史の浅い指数で、過去のデータは2001年7月まで遡れる。その算出にあたっては、毎月1日に、ニューヨーク州の約200の製造業の経営者に対して、仕入価格・販売価格・新規受注・出荷・入荷遅延・在庫水準・受注残・雇用者数・週平均就業時間などの各項目について、前月との比較や6カ月後の予想を「増加または好転」「変わらず」「減少または悪化」から選択してもらい、「増加または好転」とした回答から「減少または悪化」とした回答を差し引いて指数化したものである。「0」が景況判断の分岐点となっている。他の製造業指数(フィラデルフィア連銀景況指数、ISM製造業景気指数など)より先行して発表されるため、他指数の予想をする際に使用される。