保ち合い相場のパターンの一つで、一定の変動幅の範囲内で価格(値段、レート)が、上がったり下がったりを何回となく繰り返えす相場をいう。マーケット全般で使われる用語で、「レンジ相場」とも呼ばれ、箱の中に閉じ込められたかのように一定の価格帯で上下していることからこのように呼ばれる。具体的には抵抗線と支持線に挟まれた値幅内の、高値と安値が一定のレンジの中において価格が推移する形となる。一般に相場の先行きを決定する材料やニュースが少ないときや、相場の先行きが不透明でどちらにも大きく動きずらいときなどがボックス圏相場が生じやすい局面であると言える。『ファンダメンタルズに新たな見方でも出ない限り、基本的には「ボックス圏相場」となりそうだ』のように用いる。通常、ボックス圏相場では、テクニカル分析を行って、レンジの下限に来たときに買い、レンジの上限に来たときに売るという売買手法が有効であるものの、レンジを抜けた場合には新たなトレンドが発生するため、大きな損を出さないようにするためにも「ストップロス」を置いておくことはリスクヘッジとして重要である。