短期運用するための資金のこと。ヘッジファンドなどが投機目的で、大きい額のホットマネーを一度で動かすことがよく見られる。主に各国間での金利差や、為替変動を狙って利益を上げるためになされる投機となっている。資金が流動的な動きを取ることも特徴のひとつで、国際金融市場を動き回り、それらをかき乱す要因となっている。例えば1997年に起きた、タイを中心とするアジア通貨危機では、ヘッジファンドによるホットマネーの空売りが原因となったとされている。ヘッジファンドが過大評価されていたアジア諸国の通貨に空売りを仕掛けたことで、買い支えることができなくなったアジア各国がそれまでのドルペッグ制(自国の貨幣相場を米ドルと連動させる固定相場制)から変動相場制に移行し、結果として通貨価格が急激に下落することとなった。1992年には英国のポンドで同様のことが起こっている。また、投機目的以外にも、自国通貨の不安定である場合に、安全な外貨に資本移動する場合の資金もホットマネーと呼ぶ。