本来は測量において利用する水準点を示す語。転じて金融、資産運用などや株式投資における指標銘柄などを比較のために用いる指標を意味する語である。ベンチマークは、それぞれの運用および投資がその対象とする、市場や有価証券の種類等によって異なる。例えば、国内の上場株式を投資対象とする場合、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)等がベンチマークとして多く利用される。また、投資対象が海外株式の場合、各国の代表的な株価指数やMSCIの各種インデックスなどが多く利用される。投資信託の運用成績を判断する上で、基準価額の推移だけをみるのでなく、ベンチマークに対してどのように基準価額が推移しているのかということが重要となると言える。