為替相場を市場の需要と供給の関係によりマーケット・メカニズムを通じて決定させる制度。この制度化においては、国際収支の不均衡が為替相場の変動によって自動的に調整される、とみることが出来る。なおデメリットとしては、実際の為替相場が均衡為替相場から中長期的に乖離する場合があること(為替相場のミスアラインメント)が挙げられ、過去にドル円の相場が大きく変動したことがその例である。変動為替相場制といっても、実際は通貨当局が全く介入せず、完全に市場実勢にまかせることはほとんどなく、相場の行き過ぎを是正するために当局が市場に介入するケースが多いといえる。1971年8月にブレトン・ウッズ体制が崩壊し、73年3月から主要国のほとんどが変動為替相場制に移行した。その後、78年4月にIMF協定の第2次改正で変動為替相場制が正式に認知された。