保有資産の状況
(画像=Stock-Asso/Shutterstock.com)
3.保有している商品の償還が決まったお客様
償還金による投資商品の購入は「新たな投資ではない」ことを説明

保有商品の償還が決まったということは、まとまった資金が手元に入ってくる見込みがあるわけである。

しかし、コロナショックによる目先の相場低迷に不安を感じ、その資金で新たな商品を購入することには躊躇するお客様も多いであろう。

そこでまずお客様には、償還金による新たな投資商品の購入は「新たな投資ではない」ことを伝えたい。

償還金は元々、資産の中で投資商品に振り分けていた資金なので、投資枠そのものは変わらない。償還金で新たな商品を購入しないということは、投資資金を引き揚げてしまうことであり、その資金での投資をやめてしまうことになると認識してもらおう。

そして長い目で見た場合、今回のような相場急落時に、焦って投資資金を引き揚げてしまうことは得策ではないことを伝えたい。

その際には、過去に何度かあった暴落時にも、数年スパンの長い目で見れば回復しており、長期的には右肩上がりとなっているグラフを示せば説得力を増すだろう。そのうえで、償還金で購入すべき投資商品を案内しよう。

保有商品と同じタイプで低コストの商品が候補に