コロナに負けない
(画像=PIXTA)

コロナ禍でも営業する金融機関。来店客に応対する担当者のストレスは普段以上に大きいだろう。窓口をはじめとする営業店の担当者が取り組みやすいストレス対策を解説する。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、緊急事態宣言によって外出自粛が要請された状況でも、金融機関は社会インフラと位置付けられるため、窓口営業を続けざるを得ない。来店客は減るどころか増えている店舗もあり、今後は法人・個人の両面でお客様からの資金繰り相談が増えることも見込まれる。

こうした状況の中、感染の不安を抱えた状態での出勤やお客様への対応などに、営業店の担当者は大きなストレスを抱えていることだろう。そこで以下では、担当者の皆さんがメンタルヘルスの不調を緩和するためのストレスマネジメントを紹介する。

Part1 ストレス緩和につながるこんな対策を実践しお客様に応対しよう