住宅ローン相談対応マニュアル
(画像=William Potter/Shutterstock.com)
Q.新型コロナの影響で主人も私も出勤が減らされてしまいました。生活が苦しくなっているので、住宅ローンの返 済を待ってもらえないでしょうか。

A. 収入減少などが明らかであれば、返済期間の延長などで返済額を減額できる可能性があります。まずは適用条件に当てはまるか、確認してみましょう。

新型コロナウイルス感染症の拡大で収入が減少したり、仕事を失ったりする人が増えている。住宅ローンの返済を行っているお客様の中には、返済が厳しくなり延滞が発生してしまい、ローン破綻のリスクが高まっている人もいるのではないだろうか。

金融庁は今年2月早々に、住宅ローン利用者から住宅ローン返済猶予の申入れがあった場合には、条件変更などに柔軟に対応するよう、金融関係の業界団体などに対して通達を出している。全国銀行協会などの業界団体も、会員企業への申し合わせを行っている。

金融危機の際には柔軟な対応が肝要