日本のFX会社よりも海外FX会社を利用するほうが効率的に利益を得られるので魅力的だという意見があります。しかし、言語に不安があったり、出金拒否などの詐欺被害に遭ったりするのが心配という人もいるでしょう。

今回は、海外FX会社の魅力を紹介するとともに、詐欺業者の手口なども解説します。安心して海外FX会社で投資を楽しむための参考にしてみてください。

海外FX会社の魅力とは?

海外FX会社
(画像=PIXTA)

なぜ海外FX会社は国内に比べて魅力的だと言われるのでしょうか。いくつかのポイントを挙げて見ていきましょう。

・レバレッジ規制がない

国内のFX会社は日本の金融庁の登録を受けなければなりません。金融庁はレバレッジの倍率を25倍までと規制しており、今後その規制はさらに厳しくなることが予想されています。

しかし、海外FX会社は日本の金融庁の規制の下にないので、高い倍率のレバレッジで取引ができるFX会社が数多くあります。日本人トレーダーにも人気があるXMTradingという海外FX会社が設定しているレバレッジは最大888倍です。

例えば10万円を元手に、レバレッジ500倍のところで取引すれば、5千万円相当の取引が可能です。レバレッジの倍率が高いほどリスクも高まるものの、大きな利益を得られる可能性も高まります。

・ゼロカットシステム

ゼロカットシステムは、ロスカットが間に合わずに口座残高がマイナスになっても、そのマイナス分をFX会社が負担して口座残高をゼロに戻してくれるサービスです。

日本のFX会社にはなく、海外のFX会社だけに導入されている独自のサービスで、多くの人が海外FX 会社に興味を持つ理由となっています。

・キャッシュバックボーナス

日本のFX会社も新規に口座を開設し、一定額の入金や一定量の取引を行えば、キャッシュバックボーナスがもらえるキャンペーンを展開しています。

しかし海外FX会社は、キャンペーンのキャッシュバック率が日本のFX会社に比べ高いと言われています。

海外FX会社のキャッシュバックキャンペーンには、新規口座を開設するだけでボーナスがもらえる「未入金ボーナス」というものもあります。これを利用すれば自己資金ゼロでも投資を始めることが可能です。

・海外FX会社に関連する詐欺の手口

海外FX会社はレバレッジの倍率が高く、より効率的に利益を上げられるなどの魅力があります。しかし、海外FX会社に関連した詐欺事件も報告されているので注意が必要です。海外FX会社関連の詐欺行為の主な手口を3つ紹介します。

・資金を集めてから出金拒否する

海外FX会社関連の詐欺手口の一つが、高額なキャッシュバックボーナスで勧誘し、その後トレーダーが取引をして利益を得た際に出金しようとしても出金に応じないというものです。

英語力に自信がなければ、英語での問い合わせにためらう人も多いでしょう。そのためお金が引き出せない時点で諦めてしまいます

さらに海外FX会社は日本の金融庁に登録する義務を負っていません。ですから金融庁や国民生活センターに通報しても、対応してもらうことは期待できません。

ちなみに、海外FX会社のキャッシュバックボーナスを利用してFXを始める場合は、一般的にボーナスは取引資金としてのみ利用でき、ボーナス自体は出金できないという点を押さえておきましょう。

・資金を集めてから計画倒産する

顧客から多額の資金を集めた後に資金を持って姿をくらますという手口もあります。

日本の金融庁の管理下ではFX会社に顧客の資産をきちんと保護するための信託保全が義務化されています。しかし海外FX会社には日本の金融庁のルールは適用されません。

信託保全とは顧客の資金を信託銀行に預けて、倒産した場合などはその信託銀行から信託管理会社や弁護士を通じて、顧客に資金が返還されるシステムです。

詐欺を行う海外FX会社は、信託保全などの顧客の資産を保護する手段をあえて取らず、資産を集めた後に姿をくらまします。

・自動売買ソフトと海外FX会社を利用する

FX取引には、トレーダー自らが銘柄を選び、買うか売るかを判断する裁量取引という方法のほか、プロのトレーダーの手法をコピーして利用する自動売買という方法もあります。

この自動売買取引の広告と海外FX会社を利用した詐欺行為が横行しています。例えば「FXで誰でも簡単に稼げます」「勝率100%」などの宣伝をSNS上で行い、自動売買ソフトを購入して海外FX取引で使用するように提案する手口です。

宣伝を信じて利用しても、その自動売買ソフトでは利益が出ず、FX会社から出金拒否されるなどの被害に遭います。国民生活センターでもこの手口には十分注意するよう警告しています。

安心して利用できる海外FX会社を選ぶポイント5つ

海外FX会社にかかわる詐欺を避け、安心して取引できる海外FX会社を探すために注意すべきポイントを5つ紹介します。

・金融ライセンスを取得している

権威ある金融監督機関からの金融ライセンスをきちんと取得している海外FX会社を選びましょう。安全な海外FX会社は、日本ではなくても違う国の金融監督機関からのライセンスを取得しています。

顧客とのトラブルが頻繁に報告されているFX会社は、管轄する金融監督機関からライセンス剥奪や罰金などの措置を受けます。また、顧客の資産保全措置をきちんとしていなければライセンスそのものを与えないという金融監督機関もあります。そのため、すでにライセンスを持っているFX会社であれば、詐欺行為を働く可能性は少なく安全でしょう。

金融ライセンスを取得しているかどうかは、口座開設を考えているFX会社のWebサイトで確認できます。

例えば、イギリスの英国金融行動監視機構(FCA)やキプロス証券取引委員会(CySEC)、ケイマン諸島金融庁(CIMA)などは審査基準の高い金融監督機関です。こうした金融監督機関のライセンスを取得しているFX会社を選びましょう。

・顧客資産保護を行っている

口座に預けていた資金を持ち逃げされるという被害を避けるためには、顧客の資産保護をきちんとしている海外FX会社を選ぶこともポイントです。

顧客の資産保護の方法はいくつかあります。1つは先ほど述べた「信託保全」です。ほかにも「投資家補償基金」「投資家補償保険」などがあります。

「投資家補償基金」とは、複数のFX会社で基金を設立して一定額を預け、基金に加盟している会社が倒産するなどの問題が起これば、その基金から投資家に払い戻しをするという取り決めです。

「投資家補償保険」はFX会社が保険会社と契約し、経営破綻した場合などは、保険会社が顧客へ資産の一部を保険金として支払うという取り決めです。

海外FX会社が顧客資産保護のためにどんな施策を講じているかは、Webサイトで確認することができます。

・レビューサイトの評価を見る

海外のトレーダーがFXを評価するFOREX PEACE ARMY(FPA)というサイトがあります。こうしたレビューサイトを利用して口座開設を検討している会社の評判を確認しましょう。

このサイトの優れている点は、詐欺行為が行われているFX会社には「SCAM」(英語で詐欺のこと)と表示されることです。トレーダーがその会社とどんなトラブルがあったかも記載されています。英語に自信がない人も、翻訳ツールなどを活用してFX会社の長所や短所を把握してみましょう。

・キャッシュバックボーナスが高すぎる会社を避ける

キャッシュバックボーナスが高額なFX会社すべてが詐欺を行っているわけではありません。しかし高額なボーナスを提供している会社には注意したほうがよいでしょう。

・怪しいセミナーやソフト販売会社に注意する

「FXで簡単にもうかる」「あなたも億り人になれる」などのセリフで勧誘する怪しいセミナーには注意が必要です。そうしたセミナーで自動売買ソフトを購入し海外FX会社の口座を開設するように勧められたが、試してみても利益が出ない、挙げ句に出金拒否されるというケースがあります。

そうした怪しいセミナーには参加しないことが賢明です。さらに自動売買ソフトの購入にも注意が必要です。

自動売買ソフトの性能検証には「バックテスト」と「フォワードテスト」という2つのテストがあります。バックテストでは過去の為替データをもとに、その自動売買ソフトを使えば勝率・年間の収益率・収益の落ち込み具合がどれくらいになるかなどが分かります。しかし、バックテストには、データ結果の改ざんが可能という欠点があります。

フォワードテストは、実際の相場でその自動売買ソフトを使えばどんな結果になるかを示したものです。そのため、改ざんができないリアルな結果が表示されます。自動売買ツールを選ぶときにはバックテストとフォワードテストの結果に注目しましょう。

おすすめの海外FX会社

安心して利用できる海外FX会社をその特徴とともに3つ紹介します。

・Tradeview(トレードビュー)

出金拒否などのトラブルなしで安全に利用できる海外FX会社として人気があるのがTradeviewです。Tradeviewの特徴は以下のとおりです。




 金融ライセンス  ケイマン諸島金融庁
 顧客資産保護  分散管理と信託保全
 ゼロカットシステム  あり
 日本語サポート  Webサイトは日本語対応済み

 口座開設フォームも日本語

 日系人スタッフが対応
 キャッシュバックボーナス  なし
 最大レバレッジ  400倍

・AXIORY(アキシオリー)

AXIORYもTradeviewと同じようにボーナスキャンペーンはないものの、透明性の高い取引ができると評価されているFX会社です。




 金融ライセンス  ベリーズ国際金融サービス委員会
 顧客資産保護  分散管理と信託保全
 ゼロカットシステム  あり
 日本語サポート  Webサイトは日本語対応済み

 口座開設フォームも日本語

 メールやチャットも日本語対応
 キャッシュバックボーナス  なし
 最大レバレッジ  400倍

・XM Trading(エックスエム)

老舗の海外FX会社で、日本人トレーダーにも根強い人気があるのがXM Tradingです。




 金融ライセンス  セーシェル金融庁
 顧客資産保護  分散管理と規制機関による監督
 ゼロカットシステム  あり
 日本語サポート  Webサイトは日本語対応済み

 口座開設フォームも日本語

 ライブチャットやメールも日本語対応
 キャッシュバックボーナス  あり(最大5000ドル)
 最大レバレッジ  888倍

まとめ

海外FX会社にはレバレッジの倍率の高さや、ゼロカットシステムなど日本のFX会社にはない魅力があります。そのため、上手に取引すれば効率的に利益を得ることができます。

しかし、詐欺も存在するので選ぶ際には信頼できるFX会社を選ぶことがポイントです。

国内FX会社と海外FX会社を投資スタイルで分けて分散投資をすることも可能です。そうすれば片方で損をしても、もう一方で利益を出して損失をカバーすることもできます。この機会に、海外FXを始めてみてはいかがでしょうか。

実際にFXを始める

■FX口座数国内第1位
>>DMM FXの口座開設はこちら

■業界最狭水準のスプレッドが魅力
>>LIGHT FXの口座開設はこちら

■FX取引高8年連続世界第1位(※)
>>GMOクリック証券の口座開設はこちら

■信頼性の高いインフラ体制が魅力
>>ワイジェイFX(YJFX!)の口座開設はこちら

■業界最高水準のスワップがうれしい
>>みんなのFXの口座開設はこちら

■1通貨から取引可能
>>SBI FXの口座開設はこちら

■高い約定率で快適な取引を実現
>>FXプライムの口座開設はこちら

■自動売買「トラッキングトレード」が人気
>>FXブロードネットの口座開設はこちら

■高機能なツールで取引をサポート!
>>ヒロセ通商の口座開設はこちら

■自動売買取引で始めやすい
>>インヴァスト証券の口座開設はこちら

■お申込み当日から取引可能
>>LINE FXの口座開設はこちら

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)