補助金・助成金・資産売却
(画像=Wakko /stock.adobe.com)

ここでは、資金繰りに課題がある取引先に対して、融資以外にどんな改善方法があるのか、またどのように提案すればよいのか解説する。

取引先の経営者が、日々の経営で関心を持っている数字は、売上と利益だ。財務諸表でいえば損益計算書以外に関心は薄く、売上から費用を引いたものが儲けというくらいにしか理解していない経営者もみられる。

このように経営者が、「売上-費用」が経営のすべてという発想であれば、新型コロナウイルスの影響による営業自粛によって売上が激減し、儲けを生み出す見通しが立たなくなると、即座に倒産が頭をよぎり不安を抱えてしまいやすい。

しかし、本当に経営が立ち行かなくなるのは、仕入先をはじめとする関係者への支払いが不能になったときであり、たとえ赤字続きでも支払いが続けば経営は続く。

そこで、資金繰りの改善が必要になるわけだが、ひと口に資金繰り改善といっても、その方法は様々だ。補助金や助成金、制度融資、条件変更などによって守りつつ、将来の攻めの経営に向けた企業体質の転換まで図るべきであろう。

現預金を増やす科目と方法を把握しよう