補助金・助成金・資産売却
(画像=kai /stock.adobe.com)

ここでは、資金繰りに課題がある取引先に対して、融資以外にどんな改善方法があるのか、またどのように提案すればよいのか解説する。

方法4 支払利息や税金の削減

貸借対照表のところでも少し触れたが、資金繰りが厳しい状況では不要な借入金の元金を減らすことを検討する。

支払利息を発生させる借入金は短期と長期に分けられる。

短期借入金は、その借入れの原因である必要運転資金の抑制を通じて引き下げたい。その手段は、売上債権の回収や在庫の圧縮などが挙げられる。買掛金や支払手形の支払延長もあるが、会社の信用不安にもつながるので、実行するのは簡単ではない。

長期借入金は、設備投資を理由に借りる場合が多い。すぐに現金化することは難しいが、売上に貢献しない設備があれば売却を検討し、資金捻出と借入元本の返済を図りたい。

最後に、税金については、すでに政府より納税猶予や減税に関する措置がアナウンスされている。国税、地方税の納付猶予、固定資産税等の軽減措置を利用して欠損金の繰戻し還付を受けて現金増加に努めたい。取引先が支払う厚生年金保険料も、新型コロナの影響を受けていれば支払猶予があるので検討してもらおう。

補助金・助成金の情報は確実な一次情報から