コロナ禍で増加
(画像=astpresent /stock.adobe.com)

新型コロナによりイレギュラーな相談が増えている。そうした相談への対応方法を取り上げる。

2.とにかく早く融資してほしいと言われてしまった
所有資産を洗い出したうえでつなぎ融資の検討を行う

金融機関では拙速な判断は禁物だ。資金繰りに困り「早くしてほしい」と企業から急かされたからといって、必ずそのとおり従うわけにもいかない。適切な実態把握や審査などのプロセスを経る必要がある。

とはいえ、コロナ禍にある現状では、「一刻も早く貸してほしい」という企業の心情も理解できる。それでは担当者はどのように対応したらよいか──。基本的には、次の3つに取り組むことになる。

① 企業および経営者の所有資産を洗い直す