コロナの影響を受けた取引先
(画像=starmix/stock.adobe.com)

取引先の資金繰り状況を握したら、どのように改善したらよいのか。取引先の状況ごとに融資や本業支援などの改善策を解説する。

Case1 従来は営業CFが黒字だったが事業が停滞し数カ月後に手元資金が尽きそうな取引先

このように支援しよう
給付金や制度融資で当面の資金を手当しながらコロナ後の事業構築を支援

企業のキャッシュフロー(CF)は営業CF、投資CF、財務CFに分けられる。本ケースの取引先は、新型コロナウイルスの影響を受け、営業CFでは設備投資などの資金流出を賄えなくなり、借入金など財務CFで補てんするような状況だ。

申請しやすい持続化給付金から検討