日銀は景気の急速な減速に対応して5月に臨時の金融政策決定会合を開き、中小企業に対する「新たな資金供給手段」を導入しました。また、麻生太郎財務大臣と黒田総裁が共同談話を発表し、「日本経済を再び確かな成長軌道へと回復させていくために、一体となって取り組んでいく」と表明しました。黒田総裁は、これまでの政策対応をどのように評価しているのでしょうか。また、追加的な政策対応はあるのでしょうか。

続きは下の本編にてご覧いただけます。