税務調査
(画像=PIXTA)

3 稟議に必要な「強み」「エビデンス」の確認

稟議書を書くために必要な書類は非常に多い(図表2の下段)。これらのうち電話で「強み」や「エビデンス」を確認できる主な資料は、資金繰り表、受注明細表、入金予定表、事業性評価シートなどだろう。

非接触でも成果を出す!「電話」活用術
(画像=近代セールス)

融資を通すために、それぞれの書類について何を聞くとよいのか、エビデンスをとるにはどんな質問をするとよいのか、併せてどんな資料を準備してもらうとよいのか確認しておこう。取引先には、必要な資料をあらかじめ伝えて、電話で聞けるように手元に準備してもらおう。

以下では各資料等の確認ポイントを紹介する。

資料を目視できないため慎重に確認を行う