非接触でも成果を出す!「電話」活用術
(画像=PIXTA)
Q 資産形成の方法としてiDeCoが注目されていますが、どんなお客様に、どう提案すればよいですか?

iDeCoとは個人型確定拠出年金のことで、簡単に言うと「公的年金の受給額に不安があるなら個人で老後資金を貯めよう」という制度である。

20歳以上の国民全員が加入している国民年金や、会社員・公務員が加入する厚生年金に加えて個人で加入できる年金になる。毎月、投資信託等に投資する形で積み立てていく。

積立金額は全額所得控除され、運用益は非課税になる。また受取り時にも税制優遇が受けられる。

現在、65歳の人の平均余命は、男性が19・70年、女性が24・50年となっている(厚生労働省「平成30年簡易生命表」より)。65歳以降の生活が20 年~30年以上続く可能性があり、まさに「人生100年時代」といえる。

担当者としては、お客様の公的年金や、退職金・企業年金の状況を踏まえて、長期化する老後への備えを提案していきたい。その1つの方法として、iDeCoへの加入を提案してみよう。

途中解約できないことがNISAとの大きな違い