テレワーク
(画像=PIXTA)

テレワークを実現するには、会社から専用端末を貸し出すほかに、従業員が個人所有のPCなどをセキュリティに対処しながら使用するという手もある。IT業界で「BYOD(Bring Your Own Device)」と呼ばれるこの方法により、テレワーク環境を実現したのが、福井銀行だ。行員の私用PCから別のPCを遠隔操作できる仮想デスクトップ技術と、クラウドを通じて一部のアプリを閲覧に限定して利用できるサービス「cloud.config」(FIXER社)を導入した。