階段
(画像=PIXTA)

資本性の支援では事業デューデリジェンスで再生可能性を見極めよう

新型コロナの影響で、多くの中堅・中小企業が危機に陥っている。サプライチェーンの断絶や連鎖倒産がみられ、影響は甚大だ。これまでに実質無利子の融資や給付金などが打ち出され、金融機関も資金繰り支援に取り組んでいる。

だが、売上が大幅に減り、融資や給付金による短期的な手当てでは立ち行かない取引先も多いため、劣後ローンなどの資本性支援も必要になってきた。

資本性支援で壁になる再生可能性の見極め