スワップやオプションなどのデリバティブ取引が組み込みこまれた債券を、「仕組債」と呼ぶ。

今回は、仕組債の特徴や種類に加えて、魅力とその裏にあるリスクを解説する。さらに、仕組債が「初心者にはハイリスク」といわれる理由を解説し、どのような人が仕組債の取引に向いているかも紹介するので、投資の1つの選択肢として参考にしてほしい。

仕組債で高い利回りが期待できる理由

債券
(画像=PIXTA)

債券の購入は、債券の発行体にお金を貸すことに似た投資方法だ。債券を購入すると、期間に応じて利子を受け取ることができる。また、貸出における返済期日に相当する償還日になれば元本が返還される。仕組債もこの点は変わらない。

仕組債が一般的な債券と異なるのは、デリバティブ取引が組み込まれていることだ。デリバティブ(金融派生商品)には、スワップやオプションなどがある。

スワップとは、金利(例:固定金利と変動金利)や通貨(例:円と外貨)等を交換する取引を指す。オプションとは、将来の一定期間後に、あらかじめ約束した価格で取引する権利のことをいう。

これらのデリバティブ取引を組み込むことで、仕組債は様々な条件設定ができ、設定した条件によっては高利回りも実現できるという訳だ。また、投資家個々人の状況に合わせた自由度の高い設計にすることも可能になっている。

2種類の仕組債の特徴を解説

今回は仕組債の中でも「EB債」と「日経平均リンク債」のそれぞれの特徴をみていこう。

EB債とは

EB債とは、株価の変動によって、償還金を金銭として受け取るか、株式として受け取るかが変わる仕組債だ。そのため、EB債は「他社株転換可能債」とも呼ばれている。

EB債では、転換される株式はあらかじめ決められており、対象株式と呼ばれる。対象株式の株価が、償還前の判定日に一定の価格以上であれば、償還日には現金が受け取れる。

一方、対象株式の株価が一定の価格を下回れば、対象株式そのものが償還される。つまり、債券の発行体とは異なる別の会社の株式が交付されることになるのだ。

EB債を購入する際には、株価がどのぐらい変動した場合に株式による償還が行われるのか、よく条件を確認する必要がある。また、株式で償還されたのち、対象株式の株価がさらに下落すれば、損失が大きくなる可能性があることにも留意が必要だ。

日経平均リンク債とは

日経平均リンク債とは、日経平均株価の変動によって、償還金や利率が変動する仕組債のことだ。

償還金が変動する仕組債では、日経平均株価が株価経過観察期間中にあらかじめ定められた水準以下とならなかった場合は、償還日に額面同額の償還金を受け取れる。一方、日経平均株価が株価経過観察期間中に一度でもあらかじめ決められた水準以下となった場合は、日経平均株価の変動に連動して償還金が減少することになる場合が多い。

利率が変動する仕組債では、日経平均株価の変動に応じて利率が変わる。利率決定日に日経平均株価があらかじめ決められた水準以上となった場合は高い利率が適用される。一方、日経平均株価があらかじめ決められた水準未満となった場合は低い利率が適用されるのが一般的だ。

仕組債のメリット

仕組債のメリットは、なんといっても一般的に高いその利回りだ。仕組債では、定期預金や一般的な債券と比べて、一般的に高い利回りが期待できる。債券に魅力を感じているものの、利回りが低くて購入をためらっている人には、魅力的な投資商品と言えるだろう。

仕組債のデメリット

続いては、仕組債のデメリットを解説する。仕組債のデメリットはその特有のリスクであろう。リスクをよく理解したうえで購入することが大切だ。

仕組債に限らず、一般的な債券には主に以下の4つのリスクがあると言われている。

  1. 信用リスク
  2. 価格変動リスク
  3. 為替変動リスク
  4. 流動性リスク

これらに加えて、仕組債特有のリスクの代表的なものとしては、「早期償還リスク」「ノックインリスク」の2つがあると言われている。次にこの2つのリスクについて解説する。

早期償還リスクとは

EB債にせよ日経平均リンク債にせよ、「早期償還条項」が定められている場合がある。早期償還条項があると、条件を満たした場合、満期償還日を待たずに仕組債が償還されることになる。

例えば、日経平均リンク債で、日経平均株価が一定水準以上になると、仕組債が早期償還されることが早期償還条項で定められていたとしよう。通常、早期償還されれば、早期償還までの期間は高い利率で利子を受け取れるうえ、仕組債の額面金額を償還金として受け取れる。

その時点で利益が確定し、損失が出る可能性を回避できるのはメリットだ。一方で、別の見方をすれば、早期償還されてしまうことで、期待していたほどの運用益が得られない可能性もある。

例えば、利率が変動するタイプの日経平均リンク債を購入していたとして、日経平均株価が上昇し、高い利率が適用され始める。受け取れる利子が増え始めたと思っていたら、早期償還条項を上回り、早々に仕組債そのものが償還されてしまった、といったことが起こり得るのだ。

損失が出るわけではないが、早期償還リスクについてよく理解し、仕組債の購入前には早期償還条項をよく確認するようにしておくべきだろう。

ノックインリスクとは

ノックインとは、対象株式の株価や日経平均株価があらかじめ定められた株価以下となることを指す場合が多い。ノックインが発生すると、償還日を迎えた時に額面の満額が償還されず、損失が発生してしまうリスクがある。

ノックインが発生したとしても、必ず償還金が額面の100%を下回るわけではない。ノックインが発生したあと、最終評価日における株価が当初株価以上になっていれば、100%の償還金を受け取れる。一方、ノックインが発生したあとも株価が伸び悩み、当初株価を下回れば、100%未満で償還されることになるのが一般的だ。

EB債にせよ日経平均リンク債にせよ、仕組債を購入するときは、参照指数が何で、ノックインが起こる「ノックイン判定水準」は何かを明記した「ノックイン事由」はしっかりチェックしておく必要がある。

仕組債がハイリスクといわれる理由

仕組債について調べ始めた際に、「仕組債はハイリスク」という情報を目にして購入を悩んでいる人もいるだろう。仕組債はハイリスクであるいわれる理由は、主に2つある。それぞれについて解説する。

元本保証のイメージで購入する

仕組債の構造は一見分かりにくい。過去には仕組債の構造を理解できないまま、購入に踏み切ってしまった例もあったようだ。

仕組債を単に「利率の高い債券」考えてしまう人もいるようだ。債券というと、一般的には国債をイメージするため、安全性の高い投資商品だと考える人が多いと予想される。

しかし、実際には、仕組債にはデリバティブ取引が組み込まれている。デリバティブ取引は、ハイリスク・ハイリターンを狙う投資方法であり、デリバティブ取引が組み込まれた仕組債も、一般的な債券と比較すれば、はるかにリスクが高い。

このことを理解せず、「利率の高い債券」という言葉のみをうのみにして、ほとんど元本保証のようなイメージで購入し、多額の損失をこうむってしまう人がいて、こういったケースによって、「仕組債は考えていたよりハイリスク」というイメージがついていると考えられる。

販売側も高度な説明力が求められるが、購入者側も仕組債のリスクについてきちんと知り、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だと理解したうえで購入することが重要となる。購入する際には、「納得いくまでは購入しない」という姿勢で、堂々とデリバティブ取引や仕組債の構造について質問を重ね、納得したうえで購入するべきだろう。

早期償還後に、リスクに対する認識が薄れ、同じ結果を得ようと期待して安易に購入する

仕組債がハイリスクといわれるもう一つの理由は、繰り返し購入したい欲求に駆られるためだと考えられる。

早期償還リスクを説明する際に取り上げた例だが、日経平均株価が上昇し利率が上がったタイミングで、早期償還条項を満たし、仕組債が早期償還されたとする。その時点では、一般的な債券と比べて高い利率で運用することができ、元本は確実に増えている。喜ばしいことではあるが、ここで多くの投資家が償還金を安易に同じ仕組債に投資してしまうのだ。

金融機関からは適切な説明を受けていたとしても、投資家本人が機械的に投資を繰り返す場合には、最終的にはノックインが発生し、元本割れを起こすことも想定される。このようなパターンに陥ってしまったことによって「仕組債は考えていたよりハイリスク」と指摘する人もいる。

しかし、これは実は多くの投資商品に共通するリスクだ。

株式投資でも、株価が上昇しているから「もっと上がるだろう」と考えて保有し続けた結果、一気に下落してしまうことは起こり得る。FXでも同様のことは頻繁に起こり得るだろう。何も仕組債に限った話ではない。

成功体験に依存し、次もこうなるだろうと安易に考えて、その商品が持つリスクに対する認識が鈍くなることが問題であると言えよう。

仕組債においてもその他の投資商品においても、冷静に市況を見渡し、商品のリスクとリターンを十分に理解した上で投資判断をすることが大切だ。

仕組債の取引に向いている人は?

仕組債はハイリスク・ハイリターンの投資商品と言える。そのため、老後資金の備えなどを目的とした運用先としては、不向きと言えるだろう。余裕資金をもとに、大きなリターンを狙いたい人に向いている。

また、大きなリターンを狙いたいものの、本業等で忙しく、株式投資やFXに時間を割けない人もいるだろう。株式投資では、個別の企業の株価を確認し、経営方針や決算書にも目を通す必要があり、情報収集に時間がかかる。

FXも、海外情勢を小まめにチェックし、政治や経済の動向を把握しておかなければならない。短期投資をするなら、平日仕事が終わってから、パソコンの前で一定時間を取引に費やさなければならない。

その点、日経平均株価と連動する仕組債を選べば、個別の株価や特定の国の情報をチェックしなくても、「景気がいい/悪い」という大枠で、運用状況を把握できるだろう。

余裕資金の投資先として仕組債を選ぶ

仕組債は、一見構造が複雑に思えるが、うまく活用すれば魅力の多い投資商品だ。株式投資やFXほど情報収集に時間を割かなくとも、リスクを許容できればハイリターンを狙える可能性がある。余裕資金の投資先の一つとして、検討の余地はあるだろう。

一方で、早期償還やノックイン事由をよく確認し、仕組債の構造やリスクを理解したうえで投資に踏み切ることが重要になる。

記事内容は、資産運用の方法等に関する情報提供を目的として、委託先が作成したものであり、掲載内容は、作成時点における委託先における意見・見解が含まれるもので、個社・個別の商品・サービスを推奨・保証するものではありません。
文章は株式会社ZUUが責任を負います。
掲載時点以降に予告なく変更する場合があります。
情報の正確性、完全性、信頼性、適切性等に関し、あおぞら銀行は一切保証するものでありません。また、投資勧誘や特定銘柄の推奨を目的とするものではありません。掲載情報に基づき行ったお客さまの行為および結果等について、あおぞら銀行は一切の責任を負いません。
掲載画像はイメージです。
あおぞら銀行の商品サービスに関するお問い合わせを除き、掲載内容に関するお問い合わせはあおぞら銀行窓口・コールセンターではお受けできません。