最小で1通貨から取引できるため、少額からでもFX取引が始められる点が評価されているSBI FXトレード。この記事では、SBI FXトレードで口座を開設する手順を紹介します。この記事を読めばSBI FXトレードでスムーズにFX取引を始められるでしょう。

SBI FXトレードの口座開設の手順

SBI,FX,口座開設
(画像=PIXTA)

SBI FXトレードの口座開設の手順は以下のとおりです。

  1. 口座開設申込フォームへの入力
  2. マイナンバー通知書類と本人確認書類の送付
  3. 審査
  4. 口座開設完了
  5. 取引開始

それぞれの手順について説明をしていきます。

1.口座開設申込フォームへの入力

SBI FXトレードの公式ページから口座開設申込フォームにアクセスします。申込フォーム内の契約締結前交付書面等を確認して承諾のうえ、必要事項を入力します。

入力内容は送付する本人確認書類の内容と同じでなければなりません。

2.マイナンバー通知書類と本人確認書類の送付<

マイナンバー通知書類と本人確認書類2点を送付します。送付方法はアップロード、メール、郵送の3つの方法から選べます。

マイナンバー通知書類について

口座開設にはマイナンバーの通知が必要です。口座開設申込フォームで入力した「氏名」「住所」「生年月日」と同一の内容が記載されたマイナンバー通知書類をSBIに送付します。

利用できる書類は以下の3点のうちどれかです。

●マイナンバーカード
●住民票(マイナンバー付き)
●通知カード

本人確認書類について

口座開設が本人によるものであることを確認する書類となります。口座開設申込フォームに入力したのと同じ「氏名」「住所」「生年月日」が記載された本人確認書類を2点用意します。

本人確認書類として利用できるのは以下のとおりです。

●運転免許証
●健康保険証
●住民基本台帳カード
●住民票の写し
●印鑑登録証明書
●在留カード
●特別永住者証明書

マイナンバー通知書類や本人確認書類の送付方法

マイナンバー通知書類や本人確認書類の送付方法は以下の3つの方法から選択できます。

 方法  パソコン  スマートフォン
 アップロード  カメラで撮影した写真やスキャナーで

画像をパソコンに取り込み、

申込フォームのアップロード画面から送信
 カメラで撮影した画像を申込フォームの

アップロード画面から送信
 メール  カメラで撮影した写真やスキャナーで

画像をパソコンに取り込み、

メールで送信
 カメラで撮影した画像を送信
 郵送  コピーしたマイナンバー通知書と本人確認書類をSBIへ送付

3.審査

口座開設申込フォームへの入力、マイナンバー通知書と本人確認書類の送付が完了した後、SBI FXトレードによる審査が行われます。

4.口座開設完了

SBI FXトレードにて口座開設が完了した場合、「口座開設完了メール」が口座開設申込フォームで登録したメールアドレス宛に送付されます。

さらに、簡易書留郵便で取引に必要なログインID、パスワード、SBI FXトレード指定の振込先銀行口座を記載した書類が郵送されます。

5.取引開始

SBI FXトレード指定の銀行口座に入金、もしくは自分の取引口座にクイック入金することで取引が可能になります。

クイック入金とは?

クイック入金とは、SBI FXトレードと提携している金融機関でインターネットバンキングを利用すれば、振込手数料無料で取引口座にすぐに入金できるというサービスです。銀行やATMに行く手間が省けるうえに、24時間いつでも利用可能です。

SBI FXトレードの口座開設に関するQ&A

SBI FXトレードの口座開設についてよくある質問について解説していきます。

・口座開設に手数料は必要?

口座開設のために手数料は必要ありません。口座維持費用や取引手数料などもすべて無料です。さらに口座を維持するための預かり金残高について、最低額の制限もありません。

・公共料金の領収書や学生証は本人確認書類として利用可能?

電気・ガス・水道などの公共料金の領収書や学生証は本人確認書類としては利用できません。さらにパスポートもSBI FXトレードの場合、本人確認書類としては利用できないので注意しましょう。

・口座開設手続き完了後、ログインIDやパスワードはどのようにして知らされますか?

口座開設手続き完了後、申込者の本人確認のためSBI FXトレードから転送不要の簡易書留郵便で書類が郵送されます。

その書類の中にログインIDやパスワードが記載されています。取引に必用な情報ですから紛失や情報漏洩しないようにきちんと管理しましょう。

・海外在住者でも口座開設できますか?

日本国籍を有していても国内に現住所がなければ口座開設はできません。法人口座も同様で、本店もしくは支店が国内に登記されている法人のみが口座開設の対象となります。

SBI FXトレードで口座開設をおすすめする理由

SBI FXトレードでの口座開設手続きはとても簡単です。口座開設がスムーズに行えること以外でもSBI FXトレードをおすすめする理由があります。

次にSBI FXトレードでの取引をおすすめする理由を4つ紹介します。

・1通貨から取引可能

一般的なFX取引は、銀行間で行われている100万ドル単位の外国為替取引を、1万ドルもしくは1千ドル単位に小口化したものです。

しかしSBI FXトレードでは、それをさらに小口化し、USD/JPYの通貨ペアなら1米ドル、EUR/JPYなら1ユーロといったように誰でも最小取引単位で取引できます。

1通貨から取引できるということは、少ない証拠金でもFXが始められるということです。例えば、USD/JPYの通貨ペアをレバレッジ25倍、レートが1ドル=100円のときに取引するとした場合、必要証拠金は以下のようになります。

 取引通貨量  証拠金
 1通貨  約5円
 1万通貨  約4万円

FX会社の中にはデモ口座を用意し、FX初心者や取引ツールを試したい人に提供しています。しかしデモ口座は約定速度などが実際の取引環境とは異なる場合があります。デモ口座からリアル口座に変更し、いざ本番の取引に挑戦するとイメージどおりにいかないというケースもあるようです。

しかしSBI FXトレードではデモ口座を試さなくても、少額で本番の取引環境を体験できます。こうした点もSBI FXトレードをおすすめする理由です。

・各種手数料がすべて無料

SBI FXトレードでは取引手数料をはじめとした各種手数料がすべて無料です。コストを抑えて取引を続けられます。

SBI FXトレードでは以下の手数料が無料です。

●取引手数料
●ロスカット手数料
●口座開設手数料
●クイック入金手数料
●出金手数料
●口座維持手数料

・業界最狭水準のスプレッド

SBI FXトレードでは業界最狭水準のスプレッドを提供しています。その一部を以下にまとめました。

1通貨から1000通貨までの取引量のスプレッド(原則固定)



 通貨ペア  スプレッド
 USD/JPY(米ドル/日本円)  0.09銭
 EUR/JPY(ユーロ/日本円)  0.30銭
 ZAR/JPY(南アフリカランド/日本円)  0.80銭
 GBP/JPY(英ポンド/日本円) 0.69銭  0.69銭

1001通貨から100万通貨までの取引量のスプレッド


 通貨ペア  スプレッド  配信スプレッド時間割合
 USD/JPY(米ドル/日本円)  0.17~1.58銭  95.38%
 EUR/JPY(ユーロ/日本円)  0.49~3.58銭  95.04%
 ZAR/JPY(南アフリカランド/日本円)  0.99銭  96.12%
 GBP/JPY(英ポンド/日本円)  0.99~5.80銭  95.80%

スプレッドとは「売値」と「買値」の価格の差です。そしてこのスプレッドが実質的な取引手数料となります。ですからスプレッドが狭いほどコストがかからないということになり利益を狙いやすくなります。

・業界最良水準のスワップポイント

FXでは利益を上げる方法が2つあります。1つはFX取引で利益を出すこと、もう1つはスワップポイントで利益を出す方法です。

スワップポイントとは2つの通貨の間に存在する金利差のことを指します。金利の低い通貨を売り、金利の高い通貨を買うことでスワップポイントを受け取れるのです。

トルコリラや南アフリカランド、メキシコペソなどの高金利通貨を保有し続けスワップポイントを貯める「スワップ運用」で利益を上げられます。ちなみにSBI FXトレードでもこうした高金利通貨を取り扱っています。

SBI FXトレードのスワップポイントの一例を他社と比較しました。

   USD/JPY  TRY/JPY  AUD/JPY  NZD/JPY  ZAR/JPY
 SBI  -13  8  -22  16  -11  3  -14  5  -56  45
 A社  -17  8  -16  9  -11  3  -10  2  -66  28
 B社  -25  5  -46  24  -20  0  -21  1  -171  20
 C社  -40  4  -40  9  -21  0  -21  0  -130  29

SBI FXトレードのトルコリラ(TRY)や南アフリカランド(ZAR)を買いポジションで保有した場合のスワップポイントは、他社と比較してみても高いことが分かります。高金利通貨の取引に興味がある人にもSBI FXトレードはおすすめです。

SBI FXトレードで口座開設前に覚えておくべき点

SBI FXトレードで口座を開設して取引を始めるメリットはたくさんありますが、口座開設前に理解しておかなければならないデメリットもあります。

・システムトレードができない

SBI FXトレードでは自動売買ツールを利用したシステムトレードができません。しかしFXトレードでは「積立FX」というサービスを提供しています。

積立FXとは一度購入通貨や購入頻度などを設定すれば、毎日レートを確認して取引しなくても、SBI FXトレードで自動的に取引してくれるというものです。

積立FXでは以下の4つを自分で決めて設定するだけです。

●購入通貨
●1ヵ月の購入額
●購入頻度
●レバレッジ

SBI FXトレードではシステムトレードはできませんが、積立FXというサービスで自動的に投資を行えます。

・デモ口座がない

SBI FXトレードにはデモ口座がありません。その代わりに1通貨から取引できるので、少額の証拠金からリアル口座で取引を始められます。

しかし、デモ口座で取引ツールの操作性を試せないので、本番の取引で取引ツールの操作ミスによる誤発注などがないように注意する必要があります。

まとめ

SBI FXトレードの口座開設方法を紹介しました。手順を振り返ると以下のとおりです。

  1. 口座開設申込フォームへの入力
  2. マイナンバー通知書類と本人確認書類の送付
  3. 審査
  4. 口座開設完了
  5. 取引開始

SBI FXトレードでは1通貨から取引可能です。ですから投資資金の少ない人でもFX取引を始められます。さらに高金利通貨のトルコリラや南アフリカランドのスワップポイントも高いので、スワップポイントで利益を稼ごうと考えている人にもおすすめです。

この機会にSBI FXトレードで口座を開設し、FX取引を始めてみてはいかがでしょうか。